将来プログラミングスキルを活かしたいならIT系じゃない企業に入った方がいいよ

プログラミングを勉強してIT企業に就職するというのが王道なんだろうけど、実は自分のITスキルを活かすには、ITとはまったく関係ない企業に勤めて、そこで様々な課題をITで解決する道を選ぶのも1つなんですよね。

むしろそっちの方が重宝されます。

かくいう僕も、学生時代からプログラミングを趣味にしていて、プログラミングの講義もそこそこ成績良かったんですが、就職先はITにまったく関係ない企業で現在に至っています。

メインの業務内容もITとまったく関係ない工業系のエンジニア。

それでも、ちょいちょいWinアプリやExcelマクロ作って、業務効率を上げようとがんばっています。メインの仕事じゃないんですが、結果的にメインの仕事の効率が上がるので、業務時間内にプログラミングするのを許されています。

ちなみに僕のプログラミングスキルなんて、世の中の職業プログラマからしたら下の下。趣味に毛が生えた程度です。

でも、非IT企業の中の人って、みんな驚くほどプログラミングの知識がないんですよね。もちろん中には僕なんかよりはるかに高いITスキルを持った人もいますし、もともと地頭が良い人たちばかりなので、勉強して一定のレベルに達する人もいます。

でもそんな人限られているんですよね。

だから、こんな僕でも重宝してくれるんです。

気づいたら、僕の目標管理にプログラム製作が入っていたり。もちろん、もともと趣味だったからウェルカムです。

何が言いたいかって、非IT企業の非IT部門でもITスキルを求められるってことです。むしろこっちの方がブルーオーシャンだったり。IT企業みたいにブラック化しないし。こういう道も悪くないんじゃないかなって思いますよ。

学生さんでプログラミングスキルを持っていたら、就活で非IT企業にスキルをアピールするというのも良いんじゃないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする