格安SIMサービスで唯一注意すべき点

最近、格安SIMを提供する通信会社が増えてきました。ここ直近ではLINE Mobileが話題になっています。

LINEモバイルなら月額500〜3,520円でスマートフォンが使えます。価格の安さだけでなく、機能もイチオシ。LINEや主要SNSのデータ通信量をカウントしないデータフリーなど、あなたの利用シーンにあった料金プランが選べます

ボク自身、Y!Mobileと契約していて格安でSoftbankのLTE回線を使っています。

この格安SIMサービスですが、唯一注意しなければならないのが、音声通話の料金プランです。ほとんど電話をかけないという方は気にならないのですが、どんなにデータ通信が格安でも音声通話をかけたことで、逆に高額になってしまう可能性があるのです。

通話はだいたい20円/30秒で、あっという間に数千円くらい行っちゃいます。

これでは格安SIMにした意味がありません。

プランの中に音声通話定額サービスがあるかどうかをチェックしましょう。よくあるのが、3分以内(あるいは5分以内)の通話なら無料、というプランです。Y!Mobileにも3分以内の通話を100回までなら無料、というプランがあります。

話題のLINEモバイルにはそのようなプランが見当たりませんね。電話をよくかける人は要注意なんじゃないでしょうか。

僕が加入しているY!Mobile以外の格安SIMで通話定額サービスがあるところを紹介しましょう。

楽天モバイル

5分かけ放題プランがあります。2GB+スマホ代+5分かけ放題で1,880円の激安です。

楽天モバイルのコミコミプランは、月額基本料(データ通信)と人気のスマートフォンと5分かけ放題がセットになったお得なプランです。

しかも携帯端末費用も込みなんでしょうかね。だとするとすごい。

ただ、これにはカラクリがあって、2年目以降から2980円になるみたいです。このあたりがある意味楽天らしいですね。

ただ、それでも端末代が含まれてこの価格はおどろきです。

OCNモバイル

こちらも10分以内なら無料のようです。ただ、この定額プランの料金が書かれていなくて、どれくらいかかるのか読み取れないのが惜しいです。

OCN モバイル ONEは、月額900円(972円)からご利用のスタイルにあわせて最適なコースをお選びいただくことができる画期的な高速モバイルデータ通信サービスです。SIMフリー端末なら、SIMカードを差し替えてすぐに使えます。

BIGLOBE

データ量が3GBで音声付きSIMの場合は、1,600円と超安値です。ここに650円を足せば3分以内かかけ放題となります。

BIGLOBEモバイルの料金プラン。人気の音声通話SIM 3GBが特典適用で6カ月間 月額400円!(※) データ容量も1GBから30GBまで選べます。さらに、ドコモ・auの格安SIMが同じ料金で使えて乗り換えも安心。初月無料、送料無料。ぜひBIGLOBEモバイルをご検討ください。※通話料・税別

個人的には楽天かBIGLOBEか、といったところでしょうか。端末を含めるか、データ容量を2GBで十分か3GBはほしいのか、といった細かいところでどちらに決めるか判断できるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする