PVの潮目が変わるの記事数はどれくらいか?

ブログって、最初はホントPVが伸びません。

よく半年で月間ウン十万PV達成なんて目にしますが、残念ながらごく一部の成功者でしかなく、多くの一般ブロガーが1年経っても月間1,000PVが関の山ですね。

で、ほとんどの人が絶望してだいたい半年から1年でブログを放置するか辞めてしまうんだそうです。実はこれが非常にもったいないんですね。

ブログにとって重要なのは書く内容もそうですが、開始初期はそもそも記事数が少ないので十分なPVも得られません。なので、最初はPVを気にするのではなくとにかく多くの記事をとにかく仕込むことに終始するしかないんです。PVを気にせずにです。

それじゃあ、どれくらいの記事数があればPVの上昇が見込めるのかってことになりますが、僕の経験も含めて以下述べたいと思います。

広告

一般的には500記事。僕の経験では・・・

よく言われているのが、500記事あたりでPVの上昇が加速したという意見が多いようです。500記事となると1日1記事書いたとして1年以上もかかりますね。結構大変です。本当にそこまで書かないとPVが上がらないんでしょうか。

僕の経験から言うと、300記事あたりで潮目が変わったような気がします。もちろんその前もPVは上がってきますが、上昇が「加速」したのは300記事あたりでした。この辺りから一気に月1万PVまでくらいになり、以降は記事をあまり書かなくてもPVの上昇が続くようになったんです。現に今でも毎月PVの記録更新をしている状態です。

僕の場合、PV上昇の波に乗ってからは、過去のPVの極端に少ない記事を消していくという作業も行いました。毎日とにかく何かしらの記事をアップしていったので、質の悪い記事もあったりしたので、そういった記事を整理しました。

同時に記事のアップ数を1ヵ月10記事程度に抑え現在に至っています。記事数は削除とアップとで一進一退といった感じです。

ほとんどの人は100記事程度で退場している

統計によると1日500PV以上のブログが全体の5%しかないそうです。これは少しからくりがあって、ブログを放置したままの人がかなり多いんだと思います。半年くらいで挫折している人が多いみたいなので記事数で100記事程度でしょうか。

逆の見方をすれば、ブログは長く続けた者が勝ちということになります。もちろんその間はひたすら記事を仕込む必要がありますが。これに耐えられるかどうかが成功のカギなんじゃないでしょうか。

そうやって毎日1日書き続けてれば、1年後には300記事以上がストックされます。まずはここを当面の目標にしましょう。

トップクラスを目標にしちゃだめ

なぜみんな半年から1年くらいで辞めちゃうのかっていうと、「半年でウン十万PVを達成しました」みたいな話を聞いてしまって、じゃあ自分も、みたいな感覚でやっているからだと思います。実際は半年経っても1日50~100PVくらいでうろうろするので、そこで心が折れるのでしょう。

「半年でウン十万PV」という人は、記事の仕込み数が半端ないと思います。あるいはトップブロガーに取り上げてもらったり、アフィリエイターのようなSEO対策をバッチリやっているか、そんな人達なんです。普通にブログをやっていては「半年でウン十万PV」は不可能です。

ただ、共通して言えるのは記事数の仕込み量が普通じゃないってことです。アフィリエイトサイトも最初はとにかくひたすら記事をアップすることから始めると聞いていますし、有名ブロガーのイケダハヤト氏も今や7000記事のストックがあるそうです。

一般的なブロガーは1日1記事書くのがやっとだと思うので、あんまりトップクラスを見すぎず、1年間は記事の仕込み時期だと思ってとにかく耐えましょう。

■追記 2017/12/3■

ついに300記事を超えました。

ついに300記事を超えた!このブログの今後の戦略は?
このブログもついに記事数が300を超えました。 以前、こんな記事を書きましたが、こことは別で運営しているプログラミング系ブログの経験か...

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする