STEM教育とかやっても日本からジョブスは誕生しないよ

こんな記事発見。

Microsoftのビル・ゲイツ、Appleのスティーブ・ジョブズ、Facebookのマーク・ザッカーバーグなど、今世紀の成功者はIT業界から多く生まれている。そうした先達を目指し、子供の将来を考える親たちの間で、「STEM教育

Microsoftのビル・ゲイツ、Appleのスティーブ・ジョブズ、Facebookのマーク・ザッカーバーグなど、今世紀の成功者はIT業界から多く生まれている。そうした先達を目指し、子供の将来を考える親たちの間で、「STEM教育」(ステム教育)が注目されつつある。

“STEM”とは、「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取ったもの。これら4分野の教育に注力することで、科学技術やビジネスの国際競争力が高い人材を育成しようとするものである。米国のオバマ大統領が一般教書演説等で優先課題の一つとして取り上げ、一般に広まったといわれている。

うーん、残念ながらこれじゃスティーブジョブスは生まれませんね。

この教育だとITを中心に科学技術の知識を上げることが目的のようですが、そもそも、日本人の科学技術のトップ層は今だって世界レベルなんですよね。ノーベル賞だってもらっているし。今の東大生レベルなら(大学自体のランキングは低いとしても)世界で戦える頭脳持っていますよ。すでに日本はそういう国なんです。

それでも、スティーブジョブスが生まれないのは、社会的な背景の方が影響しているからだと思います。

はっきり言って、ジョブスもザッカーバーグも性格的にはクソ。そのクソすぎる性格の持ち主を社会的に抹殺させない環境が日本にないと、日本から彼らのようなイノベーターは生まれないんですよね。

突如考えを180°変えたり、パワハラは当たり前、平気で人を騙したり、そんなエピソードは枚挙に暇がありません。

FaceBookなんて、前身が犯罪レベルですからね。

ハッキングをして得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開し、公開した女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させる「フェイスマッシュ」というゲームを考案した –Wikipediaより抜粋

要は重度なサイコパスなんです。

日本でジョブスやザッカーバーグを育てたかったら、サイコパスを育てることと同義なんですが、果たしてそれができるのか?っていうとまあ無理でしょう。

そういや、日本でも1, 2年前くらいに政府系ウェブサイトをハッキングした小学生がいたけど、あの子どうなったんでしょうか。ジョブスを育てたいのなら、まずその小学生に返済不要の奨学金与えて育てるべきなんだけど、たぶん社会的に抑え込んじゃったんだろうなー。

しかし、この手の話で必ずジョブスの名前が出てくるけど何でだろう??そこは孫正義とか柳井正とかじゃないんですね。サイコパスという点では似たようなもんなんだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする