ブログのネタが尽きたら別に書かなくていいんじゃん?

よく、ブログで書くネタがなくて行き詰ったらこうしよう…みたいな指南記事があるんですが、僕は単純に書くネタがなければ書かなくて良い派です。

ネタがないのに無理に考えようとして書いた内容は、後から見返すとやっぱり違和感があるもんなんです。

僕も過去を振り返ってみると、行き詰るとよく政治ネタや社会ネタに行き着いてしまって、薄っぺらな批判記事が出来てしまったり。

特に政治ネタは気を付けた方がいいです。ネットには右寄り、左寄りのどっちにも極端な人がいて、こういう人たちが噛みついてこないとも限りません。考えが極端な人はほんとやっかいですから。

あとは社会への不満や人への批判記事も書きやすいといえば書きやすいのですが、ブログであんまりネガティブな感情を出してしまうと、読んでいる人はあんまりいい気持ちしません。僕も以前から定期的に読んでいたブログも途中から批判記事が増えていって読まなくなったことありますし。

毎日1記事!と意気込んでいる人が多いけど、ネタがなければ無理に書かずお休みするのも1つの手だと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする