はじめしゃちょーの二股騒動から見えたテレビの終焉

人気YouTuberのはじめしゃちょーの二股疑惑でネットが沸いていますね。籠池騒動と同じくらい話題になっているんじゃないでしょうか(笑)。

僕は、この騒動を見て思ったのは、テレビと違ってはじめしゃちょーが干されることがないという点です。

多少ファン離れはあるのかもしれませんが、YouTubeというメディアから干されることはないでしょう。あくまでプライベートのことであってYouTube上で何か問題を起こしたわけではありません。YouTubeの規約にはまったく引っかからないのです。

もし、これがテレビタレントだったら無傷では済まなかったでしょう。テレビ局やスポンサーから除外されるのは必至。復帰するのも至難の業です。

でも、YouTubeはそんなことは起きません。これがYouTuberの強みなんだなって思いました。

でも、よくよく考えてみると、犯罪でもなくメディア上で公序良俗に反したわけでもなく、あくまでプライベート上のことでタレントが干されるって逆に変だなって思いますね。

要は今のテレビは厳格化しすぎたんです。まあ、これも視聴者の責任なんですが、だんだん芸能界もネットにシフトしてくるんじゃないでしょうか。

テレビに出ることにあこがれて芸能界に入る、というのが今までのテンプレだったのが、近い将来YouTubeやニコ動を専門とする芸能人がどんどん増えそうです。芸能事務所もそっちに力入れて来るんじゃないかなって思います。そういや、はじめしゃちょーも「UUUM(ウーム)」っていう事務所に所属していたんですね。なるほど。

今は、いわゆる「芸人枠」がほとんどですが、これからはネット専門のアイドルや俳優女優が現れそう。

そうなったときは本当のテレビがオワコンになるんじゃないかなって、この騒動を見て思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする