男女平等って男だけじゃなく女の方にも問題あるよね?

男女平等問題ってよく男側に問題があるような言われ方しますが(もちろん男に問題があることは否定しないが)、正直それだけの問題なのかなっていつも思います。

男女平等の代表例として夫婦のあり方があります。

「男は仕事、女は家庭」という古い考え方を問題視しているわけですが、要は、女が働きたいと思っているのに、それを男が受け入れないことが男女平等を阻害させていると。

まあ、それは認めます。

ただ、昔に比べれば今はだいぶマシになったと思います。夫婦共働き世帯は多くなったし、男も家庭の仕事をするようになりました。

僕も食事の支度もするし洗濯もします。休日は妻が仕事なので子供の世話から夕飯の用意までほぼすべて僕がやっています。

まあ、それでもまだ全体的に家庭は女がやるものという前提がないとは言えないし、世界的に見ても日本は遅れているみたいなので、まだまだ改善の余地はあるのだと思います。

ただ、僕的にはこの問題は男だけの問題なのかなっていつも思うんですよね。

その理由の一つに、女の結婚の条件に男の年収がいまだもって上位にあるという点です。

つまり、女は、「女は家庭」を否定しながら、「男は仕事」を否定していない(むしろ強要している)という矛盾があるんですよね。

「女は家庭に収まる」という古い考えを否定するのなら、「男は家庭を養う」という考えも否定してもいいわけです。

男女平等が進んで男と女の収入がイコールになっても、女は年収の低い男と結婚したくないらしい。これは大きな矛盾です。

男だって専業主夫したい人もいますが、それを受け入れることができる女が果たしているのでしょうか。これって、男が働く女を受け入れなければいけないと同じことだと思うんです。

僕は、男女平等がなかなか進まない理由の1つにこれがあるんじゃないかと思っているんです。

だって、結婚するときに男の方が年収が上回っていなきゃいけないんだから、平均的に男は女より年収が上回っていないと成り立ちません。ところがそれを男女不平等だという。完全にジレンマに陥っています。

男女平等になるためには、従来の男側の問題のほかに、「男が家庭を養う」という考えを改めてもらう必要があるかと。

個人的には、男を「大黒柱」っていうのやめてもらいたいんですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする