ブログで何を書けばアクセスアップするのか?インターネットの性質を今一度思い返そう!

ブログを書く以上、PVを上げていきたいですよね。できれば最終的に月10万アクセスくらいいけば、AdSenseで月1万円くらいは稼げます。

じゃあ、どんなこと書けばアクセスアップするのか?っていつも悩むところではあります。

巷にあふれる雑記ブログみたいに身の回りのことや思いのたけを淡々と書けばいいのか、人気ブログを見てみると、ほんと適当に書いているな~って思うときあります。あれでよくPV稼げるなと。

人気ブログは人気が出たから何を書いてもPVは稼げるんです

以前書きましたが、最初のうちはエンジンのセルモーターを一生懸命回す時期で、エンジンが勢いよく回っている人気ブログの真似をしても仕方ないのです。

ブログ開始1年間を何かに例えるとしたらプロペラを回すセルモーターかな
こことは別で運営しているIT系ブログは初めて3年くらいで、今じゃ1日2000PV以上アクセスあります。記事数は月10~13くらいアップしてい...

PVが全然少ない時期は、まだ自分のブログの存在を知らない人にどうやって知らせるか、という点を意識しないといけないんですよね。

じゃあ、どうやって自分の存在を知らせることができるのかってことです。

インターネットは何のためにあるか今一度考えてみよう!

知らない人に知らせるためには、TwitterやFacebookなんかで書き込んで宣伝する方法をよく聞きますが、炎上でもしない限り広がりは少ないです。

自分のフォロワーの数%くらいしかやってきません。

やはり、検索流入を狙うしかないんですよね

じゃあ、どうやって検索流入を稼ぐかってことですが、人はなぜインターネットで検索するのか?と考えてみるとおのずとわかります。

人は何か調べ物をするためにブラウザを開いて検索するんです。

近くのお店の情報とか、何の映画を見ようかなとか、なぜ円安なのか・・・とか。

その調べる過程で引っ掛かってくれれば検索流入が得られるわけです。

なぜ人気ブログに映画のレビューとか読んだ本のレビューとか、判を押したかのようにレビュー記事がちょいちょいあるかっていうと、ある程度検索流入が得られるからなんです。

逆に世の中に対して意見を物申す的な内容は、固定客に対して意識した記事なので、人気のない(固定客がいない)ブログはあんまり効果ありません。よっぽど逆張りで炎上狙いなら別ですが、周囲と大して変わりない意見なんてまったく引っ掛かりません

ブログ初期は情報を提供するを意識する

もうこれしかないです。

自分の持ている情報や知識を提供することを意識して書くことです。

よほど特異な人生を歩んできた人なら別ですが、一般的なサラリーマンや学生さんの場合は、マニアックなものでもいいので、自分の持っている知識は何か、一度棚卸してみて、それをひたすら書いてみましょう。

ただ、時々意見記事を書いてもいいかと思います。たまーにバズるときありますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする