最近Youtuberをバカにしている芸能人多いけど焦りの裏返し?

僕はテレビはあまり観ないのでオンタイムで見れているわけじゃないけど、ネットニュースなんかで、芸能人がYoutuberをバカにしている(という番組内容の)話をよく目にします。

曰く、昔自分たちがやってきたことの焼き直しだとか、ショボいとか、芸能人のマネをしているだけだとか。

Youtuberが本当に面白いかどうかは別にしても、新しいものをこうやってバカにするというのは老害の何物でもなく、ああ、テレビも芸能人も終わったな、と思わずにいられません。

落語家が漫才師をバカにするとか、漫才師がコントをバカにするとか、コント芸人が(ラッスンゴレライみたいな)音楽系芸人をバカにするとか、テレビって上流から下流にかけてバカにし続けてきた歴史はあるので、その流れと言えばそうなのかもしれないけど。

ただ、YouTuberに対しては、芸能人も自分たちの立場がヤバいって思っていての発言なんじゃないのかなって思います。YouTuberがどんどん人気出るとテレビっていうフィールドが小さくなっちゃいますからね。

だから、結局のところ、ここ最近のYoutuberへの見下しは、芸能人の焦りからくる発言なんだろうな~という理解です。そんな内面が透けて見えてしまうので、聞いていてちょっと不愉快。

今はまだまだテレビの方が影響力は優位なので見下すんだろうけど、いまの小学生くらいってテレビの芸能人よりYoutuberの方が人気ありますからね。ヒカキンとかはじめしゃちょーとか。将来の夢はYoutuberなんて言っている小学生もいるくらいだし。

そんな彼らが大人になった時にメディアの勢力図は大きく変わるんじゃないかと思います。

そんな時代になっても、Youtuberを見下している芸能人とかいると思うけど(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする