われわれオッサンは若者の不完全さをもっと許すべきだと思う

よく最近の社会は息が詰まるって意見よく目にしますが、その原因って単純に平均年齢が高くなってきただけだと思っているんですよね。

人は経験から学んで行動を修正するので、年を重ねるほど失敗経験を重ねる→同じ失敗しないように気を付ける、の繰り返しで年を食うので、若者がかつての自分たちと同じ轍をふもうとする姿にイラっとくるわけです。

昔は平均年齢が低くて若者の割合が多かったから、当時のオッサンの声はかき消されていただけ、今はオッサン割合多いのでよく聞こえてくる、というだけの話なんです。

そう思うと、もうちょっと我々中年世代は若い人に寛容にならないとなー、と思います。

よくネットなんかで、若者の粗相を鬼の首取ったように批判する人いるけど(勝手に僕中で批判者=中年と脳内変換)、いやー、おまえの若いころだって似たようなもんだろwって突っ込み入れたくなります。よく、あんな偉そうに言えるもんだと。

例えば、未成年が飲酒するのはダメなのは法律違反なのでそりゃダメなんだけど、今から25年前は高校卒業したら普通に飲んでいましたよね。18歳で普通に居酒屋で飲んでたわけで、そんな人間がいま中年になって、当然のように未成年に大して飲酒ダメって・・・。「俺も人のこと言えないけど、いまは厳しんだよね~」くらいの遠慮はないんかいな、と。

電車で座り込んでいる学生とか、別にいいじゃんって思うんですよね。

最近の社会は息が詰まるって言いながら、他人に厳しいことを言うって、タコが足食ってるようなもんだなって。

なので、僕は若者にもう少し寛容になろうかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする