夫婦ともに稼いで家事や庭仕事は外注が僕の理想かな

このブログでも何回も書いているけど、僕は以前から女が家庭に入るいわゆる専業主婦が嫌いで、女も男同様に働くべきだと思っています。

昔から結婚の条件に男の年収を気にする女が多いけど、それは男に養ってもらうという前提があるか、男が自分より年収が低いことを嫌う女が多いからなんですよね。男側もおんなじこと考えているヤツ多いけど。

でも、このまま行けば必ず近い将来、男女ともに同等に働く時代がやってくると思うのですが、そうなったら、今度は男は女の年収を気にするようになるんです。

いま、低年収の男を負け組とか言われているけど、いずれ低年収の女も負け組と言われてしまう時代が来るんじゃないかな。

だって、妻が自分同等の年収を稼いでいたら、転職とかすごい簡単にできますもん。実際に僕の周りでも奥さんが高収入の人って会社簡単に辞めましたよ。

今、ブラック企業でもなかなか辞められないのって、家族を養わなくちゃって思うから辞められないわけで、奥さんが同等の年収があったらそんなこと考えなくていいわけですね。いわゆる嫁ブロックもなくなります。

一旦、専門学校とかに入りなおすことも可能なわけです。

男がお金稼いで女が家庭を守るって良しとされてきたけど、僕には歪な状態にしか見えないんですよね。

で、女の人も働けばわかると思うけど、会社からヘトヘトになって帰ってきてその上で家事やるのって結構キツいんです。なので、家事や子育ての一部は外注化させればいいんです。今はそういうサービスがないけど、共働き(パートとかじゃなく、男女同じレベルで働くという意味)がもっと広がれば、そういうサービスができると思います。

子供がかわいそうなんて言われそうだけど、それが一般化すればかわいそうじゃなくなります。不幸ってあくまで「他人比」ですから。劣等感から不幸を感じるわけで、みんながみんなそうなれば不幸じゃなくなります。ひとり親家庭が昔と違って今は不幸じゃないのと一緒で。

いや、ほんと、男に家庭の収入をまかせるって危険ですって。

うちはもうそうなっちゃっているけど、それでも奥さんには少しでも稼いでもらおうと思って働いてもらっています。奥さんも働きたい人なので良かったです。(奥さん、正社員やめなきゃよかった!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする