仮面ライダーアマゾンズ シーズン2 Episode12「YELLOW BRICK ROAD」

Amazonプライム限定で配信されている仮面ライダーアマゾンズ シーズン2。昨日、Episode12が配信されていましたので視聴しました。

ネタバレあるので注意ください。

前回、イユが千翼を鷹山仁から守り、一緒に逃走したところで終わりました。

予告でイユが正気に戻ったかのシーンがありましたが、いったいどうなったのでしょうか。また、七羽さん(オリジナルアマゾン)はどうなるか?

前回、多くの謎を残して終わったので、今回とても楽しみでしたね。

繰り返しますが、ネタバレありますので注意ください。

イユの結末

千翼とイユが一緒に逃走したことで、駆除対象にイユが加わり、駆除班が追いかけます。

まあ、ここまでは予想できたのですが、前回千尋に襲われ瀕死だった局長が半身不随状態で復帰、イユの廃棄システムを作動させてしまいます。

廃棄システムって何??と思ったら、以前に説明のあったイユの腕輪に圧烈弾の薬剤がセットされているアレですね。作動したことでイユが腕を介して崩壊していきます。

しかし、崩壊の最中、記憶が走馬灯のように蘇えろうと悶絶、苦しい中アマゾンに変身し駆除班を次々襲ってしまいます。

最後に幻想の父親に語り掛けるように死んでいくわけですが(と言ってももともと死んでいますが)、前回の予告のシーンはここでした。

最後の最後まで悲惨でした。アマゾンに感染した父親に殺され死人のままアマゾンシグマとなって大人たちに兵器として扱われてしまうという。

ストーリーの関係上、生き返ることはないとは思っていましたが、やはり悲惨なまま終わってしまったのもかわいそうでした。

鷹山仁と七羽さんとの対峙

イユに倒された鷹山仁は、瀕死ながらも七羽アマゾンと遭遇。すぐに七羽さんと気づきます。ここで鷹山仁はどのような態度を取るかというのが見どころだったわけです。

もう1匹のオリジナルアマゾンが七羽と気付き、さらに詳細を悠から聞かされ大きなショックを受けた鷹山仁ですが、すぐに駆除することを決意したみたいです。

アマゾンは1匹残らず駆除すると誓ってい鷹山だったので、この態度はある程度は予測はしていましたが、どのように対峙するのでしょうか。そのあたりは次回となりますね。

前回、集中治療室にいたのは誰?

結局、今回もわからずじまいだったのが、前回の最後でちょっとだけ現れた集中治療室で昏睡した姿。僕は前回、イユの父親だと思っていたのですが、今回イユが死んでしまったので、ちょっと違うかなと。

結局最後にまた集中治療室の場面で終わってしましました。次回の重要な鍵を握っていそうなフラグっぽいですが、誰なんでしょうね。

過去に死んだと思われていて、そこそこ重要人物だと思うのですが。予告編にも出てきておりません。いずれにせよ次回おたのしみです。

次回は最終回!

来週ついに最終回です。

予告編では、鷹山、悠、千翼の2人が争うシーンが映っていましたが、どのような流れでそのような場面になるのか。

相手をアマゾンに感染させてしまう千翼はこのままハッピーエンドに終わるはずがなく、何かしらの結末が待っているはずです。イユの元に行くのか、母親である七羽アマゾンに何か鍵を持っているのか。

来週はいろいろな内容を詰め込んでくると思います。

シーズン1から観続けてきましたが、これで終わるとなるとちょっと寂しいですね。グロかったけどいろいろ考えさせられました。

来週の最終回を視聴してレビューを書いたら、その後総括しようかな。とにかく次週おたのしみってことで!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする