経済オンチの俺氏、ついに大前研一を論破する

大前研一氏の「心理経済学」っていう本読んだけどちょっと間違っているんじゃないかと思うところあり、無謀にも大前氏に間違いを教えてあげようと思って書きました。いったい誰なんだ俺。

でも、たぶん僕の方が合ってますよ。だってこの本、致命的な間違いあるもん。

1500兆円の個人金融資産は、たとえるならば巨大な水ガメである。この水ガメに貯まった水が流れ出したなら――。世界がこれまで経験したことのないインパクトの経済効果が生まれる。そして、水ガメを揺さぶるキーワードこそ「心理」なのだ。日本人固有の不安心理を取り除くことこそが、1500兆円の膨大な水が市場へ流れ出す引き金となる。

Amazonの商品紹介から抜粋

広告

預けたお金は銀行の金庫にないぞ!

この本の内容の前提として、1500兆円の個人金融資産が銀行の金庫に眠っていないと成り立ちませんよね。じゃないと巨大な水がめにはなりません。

でも、貯金のお金がすべて銀行の金庫に眠っているはずないです。

だって、クソ高い銀行マンの給料を捻出しなきゃならないじゃないですか。それ、どっから捻出されると思います?(…って誰しも答えられる簡単な問い)

預かったお金を企業や個人に貸し出して、その利息で銀行マンの給料を作っているのですな。

だから、銀行の金庫に眠っているはずないんですよ。はい、論破。

預かったお金はほとんどが貸し出している、つまりすでに1500兆円のお金は市場に出ているんですね。

つまり、プラマイゼロ

で、大前氏は、1500兆円の一部を一気に市場に流せばインパクトでかいって書いてあったけど、そうするのなら、まず銀行は市場に出て行っているお金を戻して(貸し剥がし)、それを預金者に返して、それを消費する(=市場に出る)ということになります。

つまり、こういうことです。

一旦、市場に出ていたお金を引き戻し、また同額を市場に出す。

それって、プラマイゼロですよね。

全然、経済の起爆剤にならないじゃん!

ていうか、貸し剥がしで経済悪化するんじゃ?

そんなことより、預金者が銀行から一気に預金下ろしたら、銀行カオスですよね。金庫にお金ないから、あわてて貸し出しているお金を回収し始めると思いますよ。

それって貸し剥がしです。企業は貸し剥がしで困窮します。

で、倒産が相次いで逆に経済が悪化するという。

まあ、理論上、引き戻した同額をまた市場に流すだけなので、マクロ的に見れば元にもどるだけですが、引きはがされた同じ会社にお金が戻ってくるわけじゃないので、貸し剥がし倒産は実際でてくると思います。

さらに言えば、預金を払い戻した消費者が日本企業の製品を買うとは限りませんね。iPhone買うかもしれないし、Lenovoのパソコン買うかもしれません。ルイヴィトン買ったり海外旅行行っちゃう可能性もあります。

お金を引っ張る相手は日本企業で、消費する相手は外国企業みたいなことだって十分あり得ます。なので、平均的に見てマイナスになるんじゃないですかね。

僕の説を反論してくれる人募集!

まあ、とは言いつつも、僕は素人で大前研一氏は経済のプロです。僕の説にどこかほころびがあるのかもしれません。

なので、僕の説に異を唱えてくれる人いたら教えてください。僕が納得できればOK。

ちなみに、「ナントカ論を理解しろ」とか「ナントカっていう本読め」だけの反論は却下ですよ。よくネット上の批判で多いんですよね。上目線でそんなの常識じゃん的な感じでぜんぜん説明になっていないの。あれ、たぶん本人もよく理解していないんじゃないかなって思います。

それじゃ!

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする