副業OKでもやっていることを会社でしゃべっちゃダメだ!

副業OKでもやっていることを会社でしゃべっちゃダメだ!

さっきこんな記事書きましたが追加で書きます。

実は会社は副業禁止していないという真実。就業規則をよく読もう!
サラリーマンってよく副業禁止って言われていますが、実は厳密に言うとウソです。あるいは単純に勘違いしているのかもしれません。 よく雑誌と...

そこでこんなこと書きました。

そうは言っても、あんまり目立つような動きをしてしまうと、会社によってはお咎めがあるかもしれませんので、要注意です。

もう少し詳しく説明すると、会社って明確に基準があるようでなかったりします。というか、人によって解釈が異なる場合があり、あんまり人とは違うことを大手を振るって目立つように行動するのはあまりお勧めできません。

ここが、サラリーマンを没個性と言われる所以ですね。

人によって解釈が異なるケースは、むしろ法律なんかの方はえげつなくて、行政機関なんかも担当者が変わっただけで厳しくなったり緩くなったりします。その匙加減だできるように法律を書いているとしか思えないのですが…。

法律ほど曖昧じゃないけど会社の規則も人によって解釈が異なるものもある、という点は留意しておいた方が良いでしょう。

副業の場合、「誰かに雇われないこと」と書かれているので、個人でフリーランスみたいに稼ぐのはOKと単純に思っていても、NGが出たりするケースがあります。

過去にプロのボクサーになって二足の草鞋を履きたいと申し出た人を知っていますが、ダメでした。雇われていないんだけどね。

会社が気にするのは2つのみです。

機密情報の流出と、本業が疎かになってしまうんじゃないかという点。

自分ところ以外でなるべく働いてほしくないんですよね。会社の本音は。

なので、規則上OKと思っても、あんまり目立つようにしちゃだめなんです。もしバレたときの最後の最後で就業規則を持ち出して違反していないことを主張するために持っておく程度にとどめておきましょう。思いもよらぬところで解釈がなされる可能性もあります。

まあそんなわけで、副業していたとしても、なるべく人には言わないというスタンスは重要です。お金絡むといろいろ複雑なことが起きますからね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする