今日はあえて豊田議員の肩を持ってみる

溺れかけている人を見ると沈むまで叩き続けるような行為を見ると、ついつい逆張りしたくなる僕ですが、最近、秘書への暴力暴言で自民党の豊田議員が叩かれまくっています。

べつに暴力を擁護するつもりないけど、YouTubeに過去の朝生出演時の動画がアップされていて、ホリエモンや落合陽一氏に論破されまくている動画をアップするようなクズもいるので、日本もたいがいだなぁと思ってしまった次第です。

叩く対象が今回の騒動と関係ない内容にまで及んじゃうんですよね。動画へのコメントも同じく。

おそらく違法アップロードなので動画のリンクは貼りませんが、ネットでよく息苦しい日本社会とか言ってるけど、そのネットがその息苦しさを加速させているのは間違いないでしょう。

今回の騒動とは関係ないこの動画の内容に対して、ちょっと豊田議員を擁護したいと思います。

豊田議員がホリエモンに批判された部分

動画がぶつ切りになっているので内容が今一掴みづらいんだけど(つまり動画は内容は二の次で豊田議員がやっつけられているところをピックアップしているだけ)、議員というものは地元や本会議に足げく通うというものに対して、ホリエモンや落合陽一氏が批判しているみたいです。

地元の人間は議員が直接会って話をした方が安心するし本音を引き出せるという議員側の主張に対し、このIT社会の中で、なぜ”足げく”通うのか、というのが批判側。先人がやってきたことをイノベーションを起こさずにやり続けているのかっていう。

要はイノベーションを起こさない議員をバカにしているわけですね。

広告

バカなのは議員じゃなくて国民なのです

ホリエモンや落合氏の言っていることはたしかにそうなんですが、もし豊田議員がイノベーションを起こそうと行動すると、おそらく次の選挙で落選するでしょう

地元に足げく通わない、祭りに参加しない、有権者の葬儀に顔を出さない、そんな議員を地元の有権者は選挙で選ばないのです。だから議員はあくせく地元に通うんですね。

なんたって、投票者の多くは老人ですからね。イノベーションを起こすやつは怪しい奴だと言わんばかりに。

国民のレベル以上の政治家は現れないとはよく言ったもので、政治家は有権者から選ばれるような行動を起こさざるを得ないわけです。地元の公民館にSkypeでつなげて地元の声を聞くとかって、ぜったい支持されないでしょ。

これは、学校も同じで、なんで先生の労働環境が悪いと言われているのに、授業を動画視聴形式にしないんだって思うわけです。おそらく公立校でそんなことしたら保護者から批判殺到するでしょうね。だからできない。

豊田議員はホリエモンや落合氏の言っていることは理解していると思うよ

なんたって、東大からキャリア官僚という経歴ですからね。頭はすごくいいわけです。そんな豊田議員は自分がホリエモンや落合氏から批判されていることを理解できないわけがないんです。たぶん頭の中では同意していたんじゃないかな。

でも、有権者が見ているかもしれないテレビの中で「それを言っちゃおしまいよ」ってことで、あのようにしか答えられないんだろうな~と観ていました。

ホリエモンは昔から先進的すぎて、だからビジネスで成功したんだろうけど、かといって旧態依然の組織の中ではイノベーション起こせないだろうな、とも思います。先進的過ぎてだれもついてこないと思う。旧態依然の組織でイノベーション起こすには、ちょっとずつ軌道修正しながらそっちの方向にゆっくり向かっていくしかないんだよね。ちょうど今の小池都知事みたいに。でも、気の短いホリエモンには無理だな。

そんなわけで無関係なところで叩かれている豊田議員の肩を持ってみました。批判対象はあくまで暴力事件のみ。他のことで叩いちゃいけないと思うけどな。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする