ヤマトがAmazonに運賃値上げ交渉…僕はプライム会員だけど送料有料になってもいいぞ!

ついにヤマト運輸がAmazonに対して1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請しました。

運賃値上げとなればAmazonだけの痛みではなく我々消費者が送料を支払うことになると思います。

通常この手の話になると批判が殺到するものですが、ネット上ではおおむね好意的な意見が多いですね。あの手厳しいYahooコメントもヤマト運輸寄りの意見が多いです。

みんなおかしいと思っていたんだよね

ヤマト運輸が声を上げる前からおかしいとは感じていたんですよね。みんな。

たぶん、佐川急便が抜けたあたりからアレ?って思い始めたんじゃないでしょうか。通販大手のAmazonから抜けるって何かあるぞって。普通大口の顧客から自ら撤退するってないですからね。

そのあたりから、Amazonのえげつなさを感じずにはいられませんでしたね。

そのあと、1社残ったヤマトが再配達問題や残業問題に悲鳴をあげ始めて、ああやっぱりなって。

広告

楡周平は2005年に予言していたぞ!

楡周平の著書「再生巨流」で今回の件を予言していました。2005年に出版された小説でまだAmazonもこんなにメジャーじゃなかった頃です。

ネット通販会社(おそらく楽天をイメージしていたと思う)から大手宅配会社(たぶんヤマトがモデル)に宅配料の大幅値下げを要求されることから始まります。

これじゃやっていけないと考えた宅配会社が起死回生の一手を打つという内容です。

何だか今のAmazonとヤマトとの関係みたいですよね。

もっとも、小説の場合、その宅配会社がネット通販を立ち上げて競合になって真っ向から戦うというストーリーなのですが、現実はそう甘くないんですけどね。

宅配のリソースやノウハウがあってもネット通販のノウハウもないので現実は失敗するでしょう。セブンイレブンですらネット通販失敗していますから。

まあ、宅配コストが叩かれるという視点は良かったと思います。

Amazonもヤマトも今が値上げのチャンスかも

世論的にヤマトが不当な価格を強いられているという構図が出来上がっているので、ヤマトにとっては世論が味方に付く限り優位な交渉ができるでしょうし、Amazon側も今だったらユーザーに送料を要求しやすいでしょう。

僕はいまプライム会員だけど、送料がかかるようになったとしても納得できます。

その意味ではどちらの会社も今がチャンスだと思いますよ。今ならだれも文句言わないと思う。(たぶん少量を商品価格に乗っける内税みたいな方法を取ると思う)

とにかく早く解決してほしいです。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする