毎日18時に帰宅する僕が教えたい残業を減らす方法

僕は毎日仕事を18時に終わらせて帰宅します。

会社から家まで車で5分のところなので移動時間は極小。途中で本屋に立ち寄ったりコンビニに立ち寄ったりするので、帰宅は18時半~19時くらいですが、世間一般の平均値からすればかなり早く帰っている方でしょう。※ちなみに会社の定時は17時。

東京だと通勤距離が長いので家路に着くのははもっと遅いかと思いますが、会社を18時に切り上げるのもできていないんじゃないでしょうか。

そこで僕が実践している残業しない仕事術をシェアしたいと思います。

1. 予定を立てるのは定時まで

朝一番で今日の仕事の予定をたてたとします。

この仕事は午前中まで、次にこれは15時まで…みたいな感じに頭で思い描いたりします。

その際に残業を前提に予定組んでいませんか?「この〇〇の仕事は残業時間にやろう」みたいに。

特に報告書をまとめたりするのって定時までに一通り仕事をやった後の残業時間にやろうと考えてしまいがちですが、これ、NGです。

そもそも1日の予定を残業前提に組んじゃったら、そりゃあなた、残業するに決まっているじゃないですか。

絶っっっっっ対に残業前提に予定を組んじゃダメです。

どんな数多い業務であっても定時内に詰め込んで予定を組むんです。で、まずはそのスケジュール通りやってみるのです。

とても定時内があわただしくなります。会話できる暇もなくなるかもしれません。トイレもままならないかも。もともと定時を超えたつもりだった仕事量ですからそりゃ当たり前ですね。

でも生産性はめっちゃ上がってます。

要はそれを毎日やって仕事のスピードを上げるんです。たぶん上がりますよ。予定を残業前提で考えている人ってやっぱムダ多いと思うんですよね。無駄な会話とか、資料作りも無駄に凝ったりとか、Excelのショートカット知らなすぎとか(笑)。

それらを削ぎ落すかのように自然に効率を高めていくもんなんですよ。

しかし、ExcelとかWordでコピペを[Ctrl]+[C]/[V]キー使わず、いちいち「編集」メニュー開くってどんだけだよwww。

2. どんなに仕事が残っても帰る

とは言っても、毎日予定通りに仕事が終わるとは限りません。

その場合は僕はどうしているかというと、絶対に超えない帰宅時間を設けて、その時間が来たらどんなに仕事が残っても帰ることにしています。

僕の場合は少し、18時は定常的に帰る時間。これが全体の9割を超えています。ちょっと遅いなと感じるのが19時頃。昼間に予定が狂って時間が伸びてしまった時なんかは19時になってしまいますね。

で、最後に20時。僕はこの時間を超えることはほとんどありません。20時近くなることも半年に1~2回程度の低頻度です。

とにかく20時を超えるようになったら、どんなに仕事が残っていても、どんなに人に迷惑がかかっていても仕事を切り上げて帰るようにします。

もう、最後はこれ。これしかないのです(力説)。

広告

3. ToDoリストはクソ

よく、やらなきゃいけない仕事をToDoリストにまとめている人いますが、あれ、ほんとクソですよね。ToDoリストがあるから残業が常態化するんですよ。

やらなきゃいけないとしちゃうから、残業やってでも終わらせようとするんですね。できなかった仕事を次の日のToDoリストに繰り越せばいいじゃんと言う人もいるかもしれませんが、やってみるとわかりますが、繰越しが溜まってどんどんToDoリストが汚れていきます。

そうなるともう何が優先度が高いのかよくわからなんくなるんです。

必要なのは1日ごとのオールリセット。

前日の仕事が見えてしまうとToDoリストはクソなのです!

3. ノート術もクソ

一時、ビジネス系の雑誌にノート術の特集がよく組まれていました。

あれ、大きなお世話なんですよね。

ノートって自分が覚えておきたいこととか思い浮かんだこと、会議中の重要事項を書き留めておくものであって、変に定型化しちゃうと途端に使いづらくなります。

あのノート術は編み出したその本人が使いやすいだけであって他人はその限りじゃないんです。ノートは自分の好きな方法で書けば良いのです。

ちなみに、僕はカレンダー付きの手帳は苦手で、キャンパスノートみたいな横罫線ノートを使っています。書き方も特に決まっていません。思い浮かんだことは書きなぐるし特に決まった書き方は定めていません。あえて言えば日付は書いています。

キャンパスノートでもいいのですが、僕はちょっと高級なノート使っています。

下手に書式や書き方を定めてしまうと、ノートを取るのに無駄な時間をかけてしまうし、定型外のことを書く必要があっても書き留めるのに躊躇したりと、なにかとムダが出てしまいます。

例えば、カレンダー式のノートの場合、7/29の出来事を7/29の欄に書くとして、いっぱい書くことがあって欄に収まりづらいとなったら、7/30の欄に書くのか?というと、まず書きません。7/29の欄に無理くり書こうとしませんか?

それ自体ムダなんです。文字が小さく読みづらくなるし、もともとあったノートの目的から逸脱します。

本来、書くことは日々変わりますので、定型化すること自体がおかしいのです。

女子っぽいノート術なんか「感じたこと」みたいな欄があったりするけど、感じるものがないところに無理に感じることを考えるみたいな本末転倒になるんですよね。

仕事は誰のためにあるかということを考えよう

自分のためです。あと自分の家族のためにあります。

顧客のためとか、組織のためとか、そんなカッコイイこと考えるから残業が増えるんですよね。

会社は自分や家族のためにお金を稼いでくるところ。それ以上もそれ以下も本来ないんですよね。そこを間違えてはいけないのです。

会社はあなたの残業込みで人員計画をたてる

それと重要なのが、そもそも会社の人員計画って今の仕事の進み具合から割り出すのですが、個人レベルの残業量まで加味していません。

あなたが夜遅く仕事してようやく完了するようなことをやっていても、会社は人員は間に合っていると誤認してしまうのです。

その意味では過大な残業をしているのは人員計画を狂わせる元凶とも言えます。

正常な時間に帰宅して仕事が完了しないのなら、それは増員するかITシステムなどを導入して効率を上げるかしないといけないんですよね。

だから、それが必要だと会社に知ってもらうためにも、正常な時間で仕事を切り上げることが会社にとっても大事だということを忘れずに!

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする