職質を横暴だと国に提訴した人をみんな支持しているけど正気?

はてなでこのニュースが話題になっています。

警視庁の警察官から、理由もなく所持品検査に応じるようもとめられるなど、違法な職務質問をうけて精神的苦痛を負ったとして、東京都内のIT企業につとめるエンジニア、江添亮さん(30)が8月21日、都を相手取り慰...

この事件を要約すると、街で景観から職質されて、それを拒否、警官に取り囲まれて執拗な所持品検査→国を提訴…という流れ。

僕が何より驚いたのは、この事件そのものではなく、はてなブックマークで多くの人がこの男性を支持しているという点です。

誤認逮捕ならもわかりますが、職質された程度です。荷物を警官に見せればものの5分、10分で済んだ話なのに、まずそれを拒否したことが理解できません。拒否したらそりゃ警官だって怪しむに決まっています。

ていうか、荷物見せるのそんなにNGなの?

広告

職質は犯罪者発見の実績があるわけで…

忘れちゃいけないのは、田代まさしだってのりピーの夫だって、街の中で職質で薬物使用を発見でしたわけです。職質は犯罪者検知に一定の成果があるのは周知の通りです。

職質は「あいつ怪しいんじゃね?」という警察の感で声をかけるわけですが、そりゃ、警察も神じゃないので、外れることだってあると思うんですよね。外すことの方が多いんじゃないかな。

例えば、100人声をかけて3人しかヒットしなかったとして、でも、それでも3人犯罪者が見つかるのだから、職質は犯罪者発見には有効な手段だと言えます。

今回の男性、犯罪者じゃなかったので、警察にとって、その「ハズレ」だったわけですが、そんなものに我々国民がいちいち怒っていたら、本来の引っかかるべき犯罪者が引っかからなくなるんじゃないかなって思います。

職質で一定の犯罪抑止力があるなら、誤って非犯罪者を職質しちゃっても荷物見せるくらい応じてはどうかと…。

僕は職質受けたら応じる

僕がもし街で職質受けたら100%応じます。カバンの中を見せますね。犯罪犯してヤバイもの所持していたら拒否するかもしれないけど(笑)

そこに怒りの感情はわかないですねぇ。むしろ、いつもご苦労様という気持ちになると思います。

職質はあくまで警察の「感」なので、精度はそんなに高くないはず。であれば、犯罪者じゃない人だって受ける可能性は十分あるんです。たぶんそっちの方が確率的に高いんじゃないかな。

だから僕は応じます。協力的になったほうがコトが早く済むし。

弁護士は違法だって言うけどさ…

今回の男性の弁護士は「今回の職務質問そのものが違法」って言っているけど、どのあたりが違法なのか気になりますね。

最初は普通に声をかけただけだろうけど、それ自体違法って言うんなら、職質そのものができなくなるんじゃないかなって思います。

法定で争うみたいだけど、警官の職質ができなくなるような事態にはなってほしくないですね。

批判を承知で書くけど、僕はこの男性が過剰反応しただけだと思っています。この人が裁判で勝っちゃったら正直日本の司法自体を疑いたくなりますね。

だって最初は警察にかばん見せてって言われただけなんでしょ? そんなもん、すぐに見せたらいいじゃんって思いません? それを拒否って僕には理解できないです。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする