2ヶ月で4kg減量に成功した僕が考える効果的なダイエット法

このブログでも何回か書いていますが、今年の7月からダイエットを始めています。6月の人間ドックで血糖値が高いと指摘されちゃったんですね。

人間ドックでいろいろ言われたので反省も込めて晒しちゃうよ!
僕は高校時代に一回も休まず早退遅刻もなく卒業式で表彰されたくらい健康に自信があったんですが、もう40代。昔のようにはいきません。 気づ...

順調に体重を減らせて来ていて、昨日ついに念願の60kgを切りました。60kg未満なんて20年ぶり?そう考えると感慨深いですね~。2か月弱で4kg減に成功しました。

広告

ダイエット中に必ず糖質制限を注意される

ダイエットの大敵は自分自身の「弱さ」にあるんですが、きっかけは自分自身の中の”悪魔のささやき”だけじゃなく、周囲の人たちからもあるんですね。

  • バランス良い食事をとらなきゃダメ
  • 炭水化物を減らしちゃダメ
  • 食事療法じゃなく運動で痩せよう!
  • 〇〇のお茶飲んでいれば痩せるよ

などなど。

もちろん正しいものも多くあるのですが、実際にやってみると残念ながら効果があまりなく(あるいはなかなか減量が進まず)結局途中で挫折してしまうんですね。

それと、だいたいがどっかの本かテレビで見たまんまだったり。

僕は糖質制限ダイエットなのですが、それは血糖値が高いからなんです。つまり普段糖分を取りすぎているから異常値が現れたわけで、その糖質を減らすのはごく当たり前の行為なんです。実際に保健師の指導も入ったし。

そんな僕に糖質ダイエットの危険性を説いてくるんですよね。

それと、過去いろいろなダイエット法を経験してきた僕から言わせると、糖質制限ダイエットがもっとも効果的でした。たぶん最近多くの人がそれに気づいたからこそ、糖質制限ダイエットが流行っているんだと思います。

なので、最近はそれとは逆の糖質制限の危険性を説く話もよく出てきます。

でも、その危険性ってやつ、1つ大きな勘違いをしていると思うんです。

現代人は糖質を”自然摂取”してしまっているという事実

どういうことかと言うと、ご飯や糖分を直接食べなくても、煮物には砂糖が入っているし、揚げ物の衣は炭水化物だし、野菜だって糖度を上げようと品種改良してきたし、直接口に入れずとも糖質が体内に入っちゃうんですね。現代は。

現にボディービルダーで野菜を食べない人がいるみたいです。野菜の中の糖分すら嫌って。(食物繊維はサプリメントで摂取するとか)

かつては糖分が不十分でお米や芋をがっつり食べないといけない時代があったのですが、そんな時代をベースに語っているんだと思いますよ。昔の野菜も糖度が低かったし。

僕のダイエット法①:最初は体重減を最優先

まずは最初の2~3ヶ月くらいは体重減に注力します。

周りでいろいろ言ってくると思いますが、体重を落とすことが目的なのですから減量に注力すべきなんです。

もちろん急激な体重減は危険ですので、ペースとしては2kg/月が上限かな。3ヶ月経てば6kg減となります。まずはこの辺りを目標にしたらどうでしょう。

どんなダイエット法が自分に最適かは個人差があるようですが、僕の場合はやはり糖質制限です。周り見てもネットを見ても糖質制限での体重減は効果的みたいなので、経験ない方は一度やってみてはいかがでしょう。

まず最初に減らすのは「間食」ですね。甘いもの、スナック菓子、煎餅など、お菓子類はほとんどが糖分か炭水化物の「糖質」なので、間食をしている方はまずこれをやめます。

どうしても空腹になってしまった場合は、ナッツ類がいいみたいですね。ちなみに僕はインスタントみそ汁です。塩分には気を付ける必要ありますが、僕は血圧が平均より低いので。

次に減らすのは夕飯のお米です。

夕飯後って運動量が少ないので、ここでお米を減らす(あるいはなくす)とダイエットに効果あります。会社からの帰宅が遅い人は夕飯後は風呂入って寝るだけなのであまり消費しません。そんな人こそお米を似くべきですね。

僕のダイエット法②:体重計は毎日乗って記録しよう

ダイエット中は体重計に毎日乗って、できれば記録して管理するといいですね。

できれば体重計に乗るタイミングは統一した方がいいです。食事の前後、水分を取る前後、トイレに行く前後で体重は結構変わります。

僕は、毎朝起きて朝食を食べる前に体重計に乗ってExcelに記録して管理しています。

これは単純な記録というだけでなく、痩せたと思っても実は逆に太ってしまっていたなんてことがあったりして、それを可視化できます。

「たくさん体を動かした」なんて日は逆に要注意です。それ以上に食べてしまっていて体重増なんてこと多々あります。

僕のダイエット法③:目標に達したら体重維持して筋力UP

体重が目先の目標に達したら、一旦ダイエットは中止します。

注視とは言っても体重計には毎日乗ってちゃんと維持しているか(増えていないか)管理は必要です。

今度は体に筋力を付けます。

ダイエットすると体の筋力が落ちると言われていますが、確かに実感としてもあります。

ダイエットを続けるとある時から痩せにくくなるのですが、おそらく筋力が落ちて基礎代謝が低下したんだと思います。

なので、このままだといわゆる「太りやすい体質」になってしまう、リバウンドの原因となりますので、ここで体重を維持した上で筋力アップに注力しましょう。

目標体重に達していなくても、3ヶ月くらい経ったらこれをやった方がいいかもしれません。また、体重の減りが落ちたと思ったら筋力UPに切り替えた方が良いです。

ポイントはいかにモチベーションを維持できるか

ダイエットは基本苦痛なのでいかにモチベーションを維持するかが鍵となります。

運動によるダイエットが理想なんですが、残念ながら失敗するケースが多いです。

というのは、運動では体重の落ちのスピードが遅いので、モチベーションが持たないという点にあります。運動すると食事量が増える傾向にあるし。

運動して更に食事も我慢するなんて苦痛でしかないので、まずは食事制限だけで体重を落とし、成果を早く見えるようにすることが大事かと思っています。

もちろん、食事はバランスよくとることが基本なので、糖質制限のような食事療法は何らかの影響があるのかもしれません。

関係があるかわからないですが、僕は糖質を制限してから便秘ぎみになったような気もします。

ただ、それでも僕は血糖値を下げることが優先しました。血糖値を正常値に戻してからバランスのいい食事に見直せばいいわけで。目標体重まで減量した後に筋力トレーニングします。

あんまり急激なダイエットは確かに危険だし髪も薄くなったりするらしいです。そこまで過激にやるのは問題ですね。

なので、個人的には月2kgくらいのペースが丁度いいんじゃないかと思ってます。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする