太田啓子弁護士のツイートへの批判はちょっとおかしいと思う

Twitterで太田啓子という弁護士がこんなツイートをして話題を読んでいます。

広告

僕も見たことはないけど、動画のサムネイルなんかで見かけたことはあります。あれ、純粋に危険だと思いますよ。

驚いたのは、このツイートに批判が大殺到しているということ。簡単に書くと他人の性的嗜好に口挟むな、とか、作り物だから問題ないとかってことだろうけど、ちょっとそれは違うと思います。

作りものであっても限度はある

今回の女の人を真空パックするというAV、僕はちょっと常軌を逸していると思いますね。

だって女の人を真空パックするんでしょ? あくまで撮影だからとかコメントあったけど、僕はちょっとやりすぎだと思うな。

作りものであっても公開する以上、一定の限度はあるんです。

例えば、食人を描いていたら?死姦を描いていたら?首切りを描いていたら? いくら作りものであってもやり過ぎだと思うし、たぶん行政から指導を受けるでしょう。なんでもいいってわけじゃない。

でも、作り物だからOKみたいなコメントが多すぎて正直驚きます。

AV業界はそこまでちゃんとしていない説

ちょっと前に、無理やりAVに出演されたって女優がいて、いやいやそんなはずはない、というトップ女優が現れて、少し騒動になりましたが、結果的に無理やりAVに出演させられた女優が結構多くいたことがその後の弁護士らの調査で判明しました。

AV業界ってまだまだアンダーグラウンドな世界なんだなって。

そういや、撮影許可が降りていない野外で撮影して逮捕された人もいましたね。けっこう杜撰な世界なんじゃないかなって僕は疑いを持ちます。

そう考えると、女優を真空パックする行為も、ちゃんと安全管理に基づいて撮影しているとは限らない、という疑念が生まれます。

だとしたら、太田弁護士のツイートにあった「本当に真空パックにしているなら即刻全現場でやめるべき。死人が出かねない。」というのは、至極真っ当なご意見とも言えますね。

太田弁護士への反対意見を排除するつもりはないけど、ほぼすべて批判コメント一色だってことに正直驚きました。擁護する意見も一定数存在するならともかく、批判コメントだらけってのがね…。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする