ソーシャルレンディングを登録する前にこれだけは準備しておこう!

前回、ソーシャルレンディングとロボアドバイザーを始めたことを書きました。

ソーシャルレンディングとロボアドバイザー始めるよ!
最近、ネットで金融商品の話題が数多く出てきましたが、僕も何かやろうかなと思っていました。 ネットでは仮想通貨の話題で持ち切りですが、僕...

Web上で申し込みするにあたって、あらかじめ準備しておくものがあります。僕はそれをやらずにWeb申し込みに進んで、申し込み中にあわてて用意、というすったもんだがありましたので、ここに共有しておこうと思います。

Web申し込みって一定時間動きがないと「時間切れ」を喰らうので注意が必要です。僕はあわてて用意していた間にその目に遭いました。

事前に用意が必要なのは次の3つです。

広告

銀行口座情報(キャッシュカード画像も)

ソーシャルレンディングもロボアドバイザーも、お金の振り込みが伴うものなので、銀行口座情報は必要になります。

まあ、ここまでは常識的なことではありますが、意外だったのは「キャッシュカードの画像」のアップロードを求められました。

スキャナ画像がベストなのですが、今回はあわてたのでスマホで撮影、それをアップしました。

できれば、スキャナ画像を用意したかったんですけどね。時間がなかったので仕方なくスマホで撮影です。まあ、スマホ写真でも十分だとは思いますが。

ちなみに、これはSBIソーシャルレンディングで要求されました。ウェルスナビでは口座情報だけで写真は必要なし。

免許証画像

こちらは口座開設の際に本人確認用書類として必ずと言って良いほど供給されます。

最近は、Webサイト上で免許証の画像をアップロードするよう要求されますので、こちらもスキャナ画像(スキャンが難しければスマホ撮影画像)を用意しておくと良いでしょう。

もちろん、裏と表の2画像必要です。

昔は送付された書類にコピーを貼るのが一般的だったんですけどね。

最近は画像のアップが主流になりつつあります。

マイナンバーカード(通知カード)の画像

最近はマイナンバーとの整合を取るケースが増えてきました。(というか義務付けされている?)

マイナンバーカードだと免許証画像は不要になるケースもあります。しかし、通知カードだけだと本人証明にはなり得ないらしく免許証画像は必要になるので、そこは注意しましょう。

いずれもオモテトウラの画像です。

マイナンバーを求められるのは、ごく最近のことで、この準備を忘れるケースが多いみたいです。普段使わないので要注意。

僕なんか、どこにしまったか忘れてしまい、それを探すところから始めたくらいです。それで時間制限オーバーを喰らいました。

登録時にあわてないよう事前準備を

しつこいようですが、Web登録は時間制限が設けられているケースが多いです。一定時間登録作業の動きがないと「時間切れ」になるんですよね。

ここが、書類との大きな違いです。

必要書類は事前に用意しておくことをお勧めします。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする