【Amazonプライムビデオレビュー】「重版出来!」がめちゃくちゃ面白い

ひさびさにAmazonプライムで面白いドラマを見たのでレビュー。

黒木華主演の「重版出来!」というドラマです。原作は漫画らしいのですが2016年度にドラマ化されたものです。

1年でAmazonプライムビデオに登場するなんて早すぎる感もありますが、放映当時はあんまり人気なかったみたいですね。ググるとあまりいい評価ないです。視聴率もあまり良くなかったとか。

広告

そんな低評価のドラマですが、僕はめちゃめちゃ面白いと思いました。

話が単純と言えば単純なのですが、視ていて爽快な気分になります。

舞台は漫画雑誌編集部。そこに体育大学卒の新人が配属されてからのお話です。その新人が黒木華。重版出来というのは、コミックの初版が売れたことで追加で出版されることで、作家や編集者はこれを目指しているというもの。

ドラマって、そこそこ面白く作れるパターンがあると思っていて、それはスポコン系だと思っています。

元々は全く鳴かず飛ばず、あるいは全くの新人の主人公が、いろいろな壁にぶつかって最終的に成功するやつです。このパターンであんまり外したドラマを見たことないですね。

アニメだと古くは「キャプテン」、代表的なのが「はじめの一歩」とか。ハリウッド映画だとチャーリーシーン主演の「メジャーリーグ」なんかがそうですね。

日本の映画・ドラマはいっぱいあるけど、例えば「ウォーターボーイズ」なんかがそうかな。

「重版出来!」も同じパターンで、主人公の黒木華演じる黒沢心は大学出たての新人編集者なんだけど、様々な問題を克服して、ついには編集部の中で中心人物的な役割を果たしてしまうという感じです。

主人公が1つのことにひたむきに取り組んでいる、だけどそれ以外のことは全然ダメ、という天然なところも、スポコン系の共通するところで、やはり黒沢心もそんな性格をしています。

単純と言えば単純なのですが、それだけに安心して見れるドラマですね。

しかし、このドラマ、テレビで放映している時は視聴率は散々だったそうです。視聴率が悪かったからって、必ずしもつまらないとは言えません。

TBSは積極的にAmazonに過去のドラマを出しているので他にいいドラマないか探してみます。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする