毎朝4時台に起きている僕が教えたい早起き習慣を効果的に得る方法

このブログでもちょいちょい書いていますが、僕は毎日の起床はだいたい4時半ころです。そこから洗濯機を回すのが僕の仕事で、完了するまでの約1時間はネットとか見ています。

なんで、こんなに早く起きれるのかっていうと、自然に目が覚めてしまうからなんです。目覚まし時計なんて使いません。ほんとに毎日自然に目が覚めちゃうんです。

以前は、7時ころ起きていました(笑)。もう朝食も食べずにギリギリで会社行っていましたね。それが今じゃ余裕の4時台起床です。(子供を学校に送り出すバタバタがあるので余裕というわけじゃないですが…)

こう書くと「年取ったから」って言われそうですが(たしかに40代の中年だけど)、この早起き習慣は自然にではなく、そのようにしようと思って行動して付いた習慣です。

その経験を踏まえて、早起き習慣を体得する方法を書いてみます。

広告

第一フェーズ:まずは早く寝よ!

よく、早起きを習慣化しようと思って、がんばって早起きする人する人がいますが、それ、アカンやつです。

何言っているかわからないって思ったかもしれませんが、早起きしようと思って早起きから頑張っちゃダメなんですよね。

みんな順番が逆なんですよね。最初に早起き頑張って→自然に夜眠くなって自然に早寝する、って狙っているようですが、経験から言わせてもらえばほぼ100%失敗します。

まず最初に早く寝ることからスタートしなきゃダメです。

20時台に寝てください。

まずそこからです。眠くなくてもとにかく就寝の形をとってください。それが最初。

第二フェーズ:まだ早起きしなくていい

で、大事なのが、早寝したからって起床を早くする必要はなく、いつも通りで大丈夫です。ここで無理して早起きしようとすると失敗します。

もちろん自然に目が覚めたらそれに委ねれば良いですが、無理に起きる必要はありません。

普段、7時に起きる人は普通に7時に起きましょう。

夜、早寝することだけは継続してください。

なので、第二フェーズの段階では「早寝遅起き」です。

第三フェーズ:自然に早起きになってくる

そうこうしているうちに、だんだん早起きするようになってきます。

自然に目が覚めるようになってくるんですね。そうなれば習慣化成功です。

3ステップを読んでおわかりのように、基本は体を酷使しないという点です。逆の早起き→早寝の順番だと、最初に体に無理させるので途中で挫折しやすいです。

今回紹介した方法なら無理がないので習慣化するまで長続きできるわけですね。

夜のテレビドラマが見れなくなるという欠点はありますが(笑)。

但し、1つだけ注意点がある

早寝早起きの習慣は、1つ注意点があるんです。

それは、1度ついた習慣はそうそう簡単に戻らないという点です。

つまり、例えば前の日に接待などで遅くまで飲んでいたとして、その日は夜遅く寝たとしても次の日の朝はきっちり4時台に起きてしまうんですね

なので、次の日の仕事はかなりキツイです。

サラリーマンとなると、時々飲み会なんかあるわけですが、次の日休日の金曜日に飲み会設定した方がいいですよ。じゃないと次の日地獄ですから。

あと、飲み会中でも21時過ぎから急速に眠気が襲います。

僕も昔は午前様なんてことありましたけど、今じゃ余程重要な飲み会じゃない限り22時台には飲み会から抜けるようにしています。

そんな風になっちゃうんですね。

でも、早寝早起きは健康に良いのは確か

これは間違いなく言えることで、やっぱり人間って暗くなったら寝る、明るくなったら起きる、という動物なんです。

夜勤のある方は仕方ないにしても、日中に仕事ある人は健康維持のために早寝早起きの習慣を身に着けましょう!

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする