大人がライフワークバランスやって子供が詰め込み教育受けさせるという矛盾に誰も気付かない

大人がライフワークバランスやって子供が詰め込み教育受けさせるという矛盾に誰も気付かない

子供の宿題を見ていて思ったツイート。

この「ゆとり教育で学力が下がった」っていう定説はかなり怪しいみたいですね。

Wikiを見ても以下の通りです。

『学力低下は錯覚である』(森北出版株式会社)を著した神永正博は、自身のブログで、「根拠がはっきりしないことで、若者をディスカレッジしない方がよいのでは」と補足している[55]。
早稲田大学教授の永江朗は自身の執筆したコラム記事の中で、PISAの順位の低下は「参加国が増えたため」とも、冷静に分析すれば考えられると述べ[56]、「PISAの結果が少し落ちていたぐらいで大騒ぎする理由がわからない」と教育社会学の専門家が疑問を呈しているということを紹介している。
同じくジャーナリストの池上彰も、テレビ番組の教育特集の中で順位の低下は参加国が増えたためであり、学力低下と結論付けるのは早計だと発言した。
元東京大学総長の有馬朗人はゆとり教育によりむしろ理科の力が上がった、と述べている[57]。
広島大学教授の森敏昭は国際教育到達度評価学会 (IEA) の調査結果を検討した上で「我が国の児童・生徒の学力は、今なお高い水準を保っている。(中略)「我が国の小・中学校段階の児童・生徒の学力は、全体としておおむね良好である」という文部科学省のいささか楽観的すぎるコメントも、あながち的はずれではない。」と述べている[58]。

Wikipediaより引用

参加国が増えた事実をそのままにして集計していたとしたら、あまりにもお粗末ですね…。分母の違う分数の分子を比較しているわけで。ゆとり教育に反対する人たちが恣意的に情報操作したんじゃないかと疑うレベルです。

この宿題が多すぎっていうのは本当で、僕たちの世代も偏差値教育と批判されてきたけど、その時代よりも確実に宿題増えています。

ツイートでも書いたけど、とにかく宿題を多く出せばいいって感じで、家庭としては自分の子供の弱いところを集中的にやらせたいのに、それをさせてもらえないほど多いんです。

宿題が終わるころには体力の限界みたいで、これ以上進まず。

詰め込み教育って、ゆとり教育より逆に学力低下しちゃうんじゃないかなって思いますね。

家庭内でより子供に合った勉強をさせるためにも、ゆとり教育に戻してほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする