童貞騒動で渦中のはあちゅう氏を擁護しておきたい

作家・ブロガーのはあちゅう氏が、サラリーマン時代に自身が受けたパワハラ告白が話題を呼び、当時の加害者が大炎上。そこまでは良かったのですが、ネット民からかつてはあちゅう氏が「童貞」をいじったことについて言及し、はあちゅう氏も大やけどを負う羽目になってしまいました。

広告

ネット上の議論は論点がずれていたと思う

この一連の騒動について僕の意見を言っておくと、

  • 氏が受けた「パワハラ」は論外。
  • 氏がかつて童貞をいじったことは「セクハラ」。
  • 但し、今回のパワハラとセクハラを比較すると、はるかにパワハラの方が酷い。
  • に対し、童貞への「セクハラ」はかなり軽微。(note上で謝罪するほどでもない)

といったところでしょうか。

ネット上では、童貞いじりが「セクハラ」か「セクハラじゃない」かで言い合っていましたが、議論すべきはそこじゃなく、セクハラはセクハラなんだけど、どの程度のレベルかを議論すべきだったんですね。

ところが、童貞イジリが電通時代のパワハラと同レベルまで引き上げられてしまい、同レベルの罪を着せられてしまったようです。

犯罪を例えて言うと、万引きが殺人と同じレベルで議論されてしまい、死刑を言い渡されたみたいな。(童貞イジリが万引き相当という意味じゃないよ)

この点は、はあちゅう氏にはとても気の毒だと思いました。

擁護側にも問題あったと思う

今回、童貞イジリがここまで問題になってしまった理由の1つに、はあちゅう氏の擁護側にも問題があったんじゃないかなって思います。

それは、童貞イジリが「セクハラじゃない」って言いきってしまったことです。

僕が目にしたのは、主にLINEの田端氏とMarket Hackの広瀬氏なんだけど他にもいっぱいいたでしょう。その人たちの論法にちょっと無理があったと思います。

具体的な内容は割愛するけど、要は「童貞イジリはセクハラじゃない」ということを言い述べていたのですが、これには違和感しか残りませんでした。

と言うのは、僕ら男が「処女」をいじったら間違いなくセクハラになるわけで、童貞も同じくセクハラになると思います。

たぶん、その違和感が更にネット民に火がついてしまったんじゃないかなって思います。

ただ、セクハラとは言ってもかなり軽微なもので、電通時代の受けたパワハラとは比べ物にならないです。それを今もって同レベルで語られてしまっているのは、あきらかな間違いじゃないかな。

まあ、以下の田端氏のツイートは少し納得。

セクハラじゃないけどヘイトスピーチだっていう理屈は理解できなくもないですが、もはや個人的な好みで言葉を選んでいるだけで、どうラベリングするかなんてどうでもよくなってきました。

もはや、セクハラかどうかという議論は意味がないかもね。「一般的な属性を茶化す」のと「本人を目の前にして攻撃する」のとでは、明らかに後者の方が罪は重いです。ここは大事です。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする