僕がブログ塾に入らない理由は「不条理の罠」に落ちたくないから

このブログは月1万PVにも満たない弱小ブログで、PV成長のために日々記事を仕込んでいるのですが、アクセスの上がらないようなオピニオン記事を書いたりしているせいもあって、なかなか成長してくれません。

こんな時に、ブログ塾やサロンなんかに入って学んだほうが効率が良いなんて意見を目にしますが、僕は基本そういうセミナーには入らないスタンスなんですね。

理由はいくつかあります。

ブログって一種のPVゲームみたいなものなので、最初から答えを教えてもらうというのもつまらないな、と思っている点とか、そもそもブログ塾自体に本当に役に立つのか今ひとつ信用していないという点も若干あったりします。

あとは、安易に投資してしまって「不条理の罠」に陥らないようにするというのもありますね。

不条理の罠とはなんぞや?と思われた方もいると思いますが、「組織の不条理 日本軍の失敗に学ぶ」という本の中に書かれています。この本、めちゃくちゃ面白いのでおすすめです。

白兵戦術は日本のような物的資源の少ない国の軍隊に適合し、この戦術を推進すればするほど日本陸軍は効率的に資源を蓄積しえたからである。また、満州事変、日中戦争、香港攻略作戦、シンガポール攻略作戦、そしてビルマ攻略作戦では、この夜襲による白兵突撃戦術はある程度効果的だったからである。

このように、日本陸軍は白兵突撃戦術に完全にロック・インされ、陸軍では白兵戦術はデファクト・スタンダードとなっていたのである。

(中略)

当時、白兵突撃戦術がデファクト・スタンダードとして成立し、それにロック・インされていた日本陸軍にとって、白兵突撃戦術を放棄し、より効率的な戦術へと変更することはほとんど不可能な状況にあったにちがいない。

というのも、白兵突撃戦術を放棄し、より効率的な戦術へと作戦を変更すれば、日本陸軍は巨額のコストを負担しなければならないような状況に置かれていたからである

広告

つまり、日本軍は白兵突撃戦術を「損切り」できなかったってわけですね。そのために、最新の戦術への切り替えが遅れたと。

これって、今でもいろいろな場面で当てはめることができます。

企業が自身が作った事業戦略を元に多額の投資を行いますが、もし、その事業戦略が間違っているかもしれないと気づいても、簡単に戦略転換できません。なぜなら、多額の投資をすでにしてしまっているからなんです。

生活面でも、たとえば一戸建てを建てたとして、後になってその土地に問題があった(災害が起きやすいとか、近隣住民に問題があるとか)としても、簡単に別の土地に移り住むことはできないです。新築に多額の資金を突っ込んでいるからです。

月数千円とかのブログ塾にこれを当てはめるは金額が違い過ぎますが、それでも年間数万円になるし、僕の小遣いからすれば結構な割合なんですね。

それに、ブログを始めたけど、なかなかPVが上がらず失意の中やめたって話をTwitterで時々見ますが、そういう人ってだいたいブログ塾に参加しているケースが多いんです。

それと、ブログ塾に参加しているであろうブログを見てると、かなり似通った内容になってしまっているような気がしています。iPhoneの使い方とか〇〇のサービスを使ってみたとか…。

ストック型のブログを目指そうと、そういう内容に寄ってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、なんかどんぐりの背比べ的な。本当に書きたい内容なのかな?って疑問に思います。

そんな感じでブログ塾によってブログの自由度が失われて、そんな中でコツコツ作っていって、結果的にPVが思ったほど上がらず…となると、やはりショックが大きいんじゃないかな。

PVがなかなか上がらない状況でブログを書き続けるって、一番重要なのは「好きであり続けること」だと思うんです。じゃないと苦痛でしかないですからね。

なので、ブログの自由度は超重要です。

ブログ塾に参加することで自由度を失う、自由度を取り戻そうとすると、じゃあ今まで支払ってきたブログ塾代は何だったんだ??ってループに陥りそうなので、僕は参加しません。

もちろん、ブログ塾に参加して爆速でPVを上げた人もいるとは思いますが、そうではない人の方が多いんじゃないかな。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする