ブログを始めた序盤は方向性とか文字数とかあまり制約を設けない方がいいよ

ブログを初めた頃って記事数が少ないので一気に書き上げて早い段階でブログの体裁を整える必要があったりまします。

この時に挫折する最大の原因が、初期の段階でいろいろ制約を設けてしまうことなんですね。これをやってしまうと、あるところでネタ切れになって長続きしなくなるんです。

よく見られる傾向として以下のようなことがあります。

  1. ブログのテーマを絞りすぎている
  2. 1記事あたりの文字数を1000文字以上と決めている
  3. 毎日更新と決めている

いかがでしょうか。心当たりありませんか?

制約を設けるのは悪くないのですが、結果的に息切れしてしまってブログそのものを閉鎖してしまうのなら、むしろ害になります。

僕は最初は制約をあまり設ける必要はないと思っています。

広告

ブログのテーマを絞りすぎる点

これがネタ切れの最大の原因なんじゃないでしょうか。

正直言って、ブログはなんの話題がヒットするか予想できません。なので開始初期はいろいろなテーマに手を出してどんなテーマがヒットするか探る必要があります。

1年くらい運営しながら、どんなテーマでPVが稼げるか見定めたほうが、思わぬところに得意分野を発見したりします。当初想定していなかったテーマに人気が出てしまうことは結構あるんですよね。

特に、書くネタがなくなった時はニュースで話題になっていることでもいいので、どんどん書くようにしましょう。

僕も月14万PVとなったプログラミング系ブログ(ここじゃないよ)は、基本的にプログラミング関係をメインに運営していますが、1日1回記事を書こう!と思った時はとにかく何でも書きました。ニュース関係やグルメなども入れていましたね。今ではプログラミング1本ですが、他のテーマはPVを押し上げる一助になったのは事実です。

PV上昇の波に乗って書く内容が固定化しそうになったら、過去の記事を徐々に削除しつつ、ブログ全体をデザインしていっても遅くはないと思います。

1記事あたりの1000文字以上!はかえって悪

SEO対策として最近までよく言われてきたのが、1記事あたり1000文字以上は書きましょうってやつです。結果的に滞在時間が長くなるため、Googleの評価が高くなるとか。

たしかに当時はそうだったのかもしれませんが、これがプレッシャーになってブログが長続きできなかったなんて話は枚挙に暇がありません。実は逆効果になっていたりするんです。

300文字でもいいので1記事書き上げたほうがいいと思いますよ。

特に開始初期は記事数を増やすたほうが絶対にPVは上がります。

それと、今月になってGoogleのアルゴリズムが変更がになって、文字数の多い記事を中心に検索順位が下がってしまったという事件がありました。

ちまたで言われているSEO対策は「今だけ」効果があると考えておいたほうが良いかもしれません。

毎日更新にこだわらなくても・・・

記事を数多く書くと行ってきながら逆行するようなことを言いますが、毎日更新にとらわれすぎても良くないと思いますよ。

あんまり厳密なルール決めしてしまうと1日でも途絶えると心が折れやすくなります。

ほんとに書くネタがなければその日はお休み、くらいに構えていたほうがいいんじゃないでしょうか。特に土日祝日は総じてPVが落ちます。PVが稼げない日は記事を投下しても反応が弱いので、いっそのことお休みするという手もあるんじゃないかと思います。

まとめ

ここまで書くと、「いかに長続きするか」に集約されることがわかると思います。

以前にもこんな記事を書きました。

ブログはとにかく長く続けるのが大事。君は1日10PVを1年続けられるか?
僕はここ以外で3年ほど続けているブログがあるのですが、ここ直近は月5~6万PVといったところで、まあ中堅どころと言ったところでしょうか。※(...

とにかくブログは長続きすることが最も大事だってことです。目先のSEO対策も大事ですが、無理のないブログ運営を心がけましょう。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする