情報弱者って「乗り遅れる」って言葉にホント弱いよね

ここ最近、仮想通貨界隈が阿鼻叫喚の様相を呈していますが、僕が驚いたのは思った以上に仮想通貨に参戦している人が多かったってこと。

僕自身のスタンスとして、仮想通貨技術自体はすばらしいと思うものの、投資対象としては今は「危ない」という立場にいます。なので参戦していません。

それは、この記事でも説明していますが、今は「流行期」といって高すぎる期待から過度な興奮期であり、ちょっとしたことで値が大きく変動する時期です。

いまの仮想通貨の危険性をハイプサイクル理論で説明するよ
去年の後半辺りから仮想通貨の話題が持ちきりで、ブロガー界隈でも熱狂が続いています。 今年に入って暴落があり、大損の末退場した人も多かっ...

広告

急激な上昇もあれば、真っ逆さまに落ちることもあります。これは過去の歴史が何度も証明しています。

それを認識した上で参戦しているのなら別にとやかく言うつもりないですが、この仮想通貨ブームの中で「いま参戦しないと乗り遅れるぞ」という意見がなんと多かったことか。

いつかリアル通貨を凌駕する、今のうちに手を出すべきだ、って言っているのですが、よく考えて欲しいのが、今の仮想通貨は通貨としての機能ではなく、投資対象(投機対象)以外に機能していません。

通貨として使うのであれば、それは物品と十分取り引きできるようになってからでも「乗り遅れる」ことはないのです。今はまだ取り引きできる対象は少ないですね。

「乗り遅れる」かどうかは、あくまで投機対象として今が「おいしい(ただしリスク高い)」からであって、通貨としての機能は別に乗り遅れるとかなんて関係ないです。

仮想通貨に否定的な人に対して、ブロックチェーン技術の有効性を語るのはいいのですが、その後に「今手を出さないと乗り遅れる」って持ってくるのは、少々乱暴な言説だなーって思いました。

ところが、この「乗り遅れる」に過剰に反応する人がすごく多いなって。

先に参戦したインフルエンサーたちが煽っているようにも見えますが、インフルエンサーたちはやはりよく勉強しているだけあってリスク対策はきちんとやっている様子があります。

ところが、インフルエンサーに煽られて参戦した後続の人たちは、どうもあまり勉強せず「儲かる」という一点だけが理由のような気がします。ブロックチェーンの仕組みなんてあんまり勉強していないだろうし、リスクもあまり考えていない様子です。

で、そういう人って、貯金のほぼ全額を突っ込むという特徴もあります。芸能人でもいたみたいですね。貯金のほぼ全額を突っ込んだ人。

僕はこうひう人たちを「情報弱者」って言うんだなって思います。

仮想通貨を批判したり、参戦しなかった人を情弱っていう風潮あるけど、そうじゃなく、あんまり勉強せずに先駆者の言ったことの上澄みだけ見て手を出す人が情弱なんです。

僕は過去にFXに参戦したことありますが、まずは証拠金で数万円程度。まずはその程度で「勉強」します。個人で投資運用する場合、いわゆる「心理戦」になるので、投資対象のものの値動きをまずは体感する必要があるんですね。

その経験から言えば、去年までの仮想通貨の値動きはあまりにも異常で、何かのきっかけでパーンと(下に)弾けるのは自明でした。

そんな状況下で、なんで資産全額突っ込むんだ…。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする