専業主婦は高リスクだってわかる事例を紹介するよ

僕はこのブログでちょいちょい専業主婦をdisっているのですが、気分を害された方がいたらすみません。

根底にあるのが、女性側から女だって働きたいって声が上がっている中、男だって一家の大黒柱なんてまっぴらゴメンじゃ!って思うところがあり、じゃあ男も女も一緒に働こう!声を上げている次第です。結局のところ目的は同じです。(もちろん、家事は完全分担します。僕はそうしている。)

僕はリベラルで男女平等主義だけど周囲からの大黒柱的な要求がパない
僕は以前も書いたけど、基本リベラルなので男女平等主義で、夫婦別姓もLGBTのパートナー制度も賛成側にいます。 うちの奥さんはパートとは...

そもそも、家事を嫌がる男が多いみたいだけど、例えば自分で好きなご飯食べいと思わないのだろうか?夕飯作ると自分の好きな料理を作って食べらるわけで、。

もちろん、奥さんの料理に不満があるわけじゃないです。ただ、やはり微妙な味加減が違うと思うことは当然あるわけで(100%ピタリと合うはずはないので)、そんな時は自分で作って100%好きなものを食べられるわけです。その時は奥さんのほうが「違うな」と思っているんだろうけど。

そのへんのくだりはここでも書きました。

男も家事分担して女は働いた方が絶対に得だと思う3つのこと
いまだ男が仕事、女が家庭って考えが根強いですね~。 僕はこのブログで何度も書いていますが、結婚しても夫婦共働き(男も家事を分担すること...

広告

そんなことより専業主婦ってすごくリスクが高いんだよ

僕はサラリーマンですが、ブロガー界隈やTwitterなんかで、サラリーマンこそリスクが高いって言われています。まあ、たしかに会社がなければ自分で稼げる能力は、フリーランスや起業家と比較すると俄然低く、その意味ではリスクが高いと言えるでしょう。

会社クビになったら困窮するのがサラリーマンですからね。それは認める。

ただ、そんなサラリーマンより高リスクなのが専業主婦だと思うのです。なんでブロガーはそこを叩かないのだろうか?

なんたって、夫がリストラに遭ったら共倒れしてしまうのが専業主婦。それよりも離婚したら困窮してしまうんです。子供がいたら余計にそうなんだろうなと。

こんなHatena Diary見つけました。

離婚した、もしくは離婚しそうな別居状態のクズ男性に朗報です。生活費や養育費、慰謝料などは払う必要はありません。踏み倒したほうが得です…

今の日本の法律では慰謝料も養育費も踏み倒せるっていう事例。

全ての人に離婚の可能性がある以上、専業主婦になるのは多大なリスクが伴います。

法律上は結婚している間に稼いだお金は平等にわけられるはずですが、実際は稼いでるいる人の方が圧倒的に有利です。

僕の周りにも養育費踏み倒されている人いる

僕の知り合いにも夫のDVで離婚して子供1人を養っている人がいるのですが、途中から養育費が支払われなくなったそうです。

専業主婦だったのでパートで頑張っているようですが、やはりお金が少ないと大変ですね。

もし正社員で働いていたらもう少しなんとかなったとは思いますが、一度専業主婦になってしまうと就職はかなり難しいと思います。

HatenaDiaryの人も書いているけど、今や誰だって離婚のリスクはあると思ったほうがいいです。

そう考えると「専業主婦になる」ってすごくリスク高いんですよね。

実際に離婚して養育費を踏み倒されている人かなり多いと思います。

ところが、離婚後に男が子供を引き取るケースで、養育費で揉めることはあまり聞きません。女性の方がまじめに支払うからなのか? どちらかというと、夫のほうに収入源があるため養育費をもらわなくても困窮しないからじゃないかなって想像しています。

やっぱり産休後の復帰が課題かな

ただ、共働きでもっとも大きなハードルがやはり出産なんですね。どう考えても産休は取らざるを得ないわけで。

復帰後に元の仕事に戻れるかというと、今の日本では難しいみたいだし。諸外国に比べてそのへんを社会コストと見なす風潮が弱いのが日本なので、出産をきっかけに専業主婦になる人は多いのかと。待機児童問題もあるしね。

このあたりは長くなりそうなので別のブログ記事にします。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする