クラウド会計「MFクラウド」に登録して確定申告に備える

今年はブログ収入が年20万円を超えそうです。おそらく確定申告が必要になるんじゃないかと思うので、来年早々慌てないように今のうちに準備しておこうと思い、クラウド会計ソフト「MFクラウド」に登録しました。

freeeとどちらにするか迷いましたが、以下のサイトを参考にした結果、「MFクラウド」にした次第です。

会計ソフトは、クラウド会計の時代。 確定申告も近くなり、今更ながら会計ソフトと格闘する。 自動記帳で、そんな事も無くなります。   会計ソフト一つで、事業主の手間は変わる。 弥生もクラウド会計に参入ってわけで、 ...

プラン別機能

MFクラウドのWebサイトから転載したプラン別機能です。

僕はとりあえずフリープランから始めようと思います。ただ、仕分けデータのエクスポートができないようで(確定申告書類も出力できない?)、いずれ有償プランにはすると思います。

登録完了!管理画面

登録はメールアドレスとパスワード、電話番号などの個人情報を登録します。そこはGoogleやMirosoftのアカウントからログインできるfreeeの方が便利ですね。

管理画面はこんなところです。

銀行口座と連携!

クラウド会計ソフトの良い所は銀行口座と連携が取れる点です。

僕のAdSenseやAmazon収入は住信SBIネット銀行に入るので、ここと連携を取りました。連携までの手順は至って簡単でした。

口座と連携が取れれば、明細から個別に登録ができます。僕はAdsenseとAmazonだけなので、この2つを毎月登録すればいいわけですね。

こちらが収益レポート画面。僕の場合は経費とかないので、グラフは売上一色。いずれ来るサーバー代の支払いが来たら、ここに経費として計上されます。

操作は至って簡単でした。こんな風にこまめにまとめておいて確定申告の時期になったら慌てずにすみますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする