がっつり家事をしてる僕がどうやって自分の時間を作っているか教えよう

家庭で家事をやると自分の時間が取れないという人がいたので、家でがっつり家事をやっている僕がどうやって自分の時間を作っているか教えましょう。

僕はブログを2つ運営しているし、そのうち1つはプログラミング系ブログなので、プログラミングしないと記事が書けません。

家庭の仕事をやりつつ、記事を書いたりプログラミングしているわけで、どうやって時間を作っているか参考にしてもらえたらと。

その前に僕の1日はこんな感じです

これが平日の僕のタイムテーブルです。

まず、4:30起床して1時間後に洗濯機が終わるのでそこからハンガーに干します。で、終わったころに子供たちを叩き起こすのも僕の仕事。朝食を食べて子供たちを学校に送り出してから会社に向かいます。これが朝の仕事。

で、夕方18:30頃帰宅するのでそのまま夕飯を食べ、19:30から子供たちの勉強を見るのが僕の仕事です。この時ケースバイケースですが、早く夕飯が終わった都度、茶碗を洗います。だいたい僕が一番食事終わるのが早いので、その時点までに終わっている食器を僕が洗います。

勉強を見終わったらその流れで子供と風呂に入ります。

で、子供と就寝。

これが、僕の1日です。

夜ドラマなんて見る余裕ありません。もちろん妻も食事の支度や子供の習い事の送り迎えなどやることはたくさんあります。

イクメンとかっていう言葉ありますが、これくらいやってから名乗ってほしいですね。

どこに自由時間を確保するか?

さて、そんな状況下で自分の時間を作れるかっていうと、ちゃんと作れます。

先ほどのタイムテーブルに赤枠を加えました。それが僕の自由時間のところです。

朝方、洗濯機をスイッチオンしてから終わるまでの約1時間、子供が寝た後にむくっと起き上がってそこから1時間。計1日2時間が僕の自由時間となり、ブログ書いたりプログラミングしていたりします。

朝早起きがミソです。朝弱いとちょっと無理ですね。あと僕は昔からショートスリーパーなので、こんなことができるのかもしれません。

時間が限られるとめちゃくちゃ生産性上がるよ

ホントこれに尽きます。

時間が1日2時間と決まっているので、自由時間ですら生産性を上げないと無駄になってしまいます。漫然とすごしているとあっという間にタイムアップになりますので。

あらかじめ日中に何しようか決めておいて、その時間になったらひたすらそれをやる、という感じです。ぼーっとなんてできません。

ブログも、日中に書く内容決めておいて一気に書き上げます。

今書いているこの記事も図の作成を除けば10分足らずで終盤を迎えています。

さて、余った時間でこれからプログラミングだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする