FXで手を出してはいけないトレンド転換するポイント

FXでしばらく調子が良かったけど、途中で負け続けてしまうパターンはよくあるのですが、それはおそらくトレンド転換時に差し掛かったときです。

例えば、下降トレンドを確認して、それにしたがって売り中心で取り引きして買っていたけど、途中からなんだか負けが続く時があるんです。

移動平均線は相変わらず右肩下がりを示しているけど、想定より下がってくれず、あるところで逆方向に振れて損切りというパターンですね。これが、なぜか連続するという…。

そんな時は、トレンド転換を疑いましょう。

トレンド転換時のチャートパターン

ちょうど昨日、そんなチャートパターンを確認したのでシェアします。

下図は4時間足のチャートです。

ずっと下降してきたところで、突如移動平均線を上に突き抜けています。しばらくうろうろしていますが、また大きく下落しているので、まだ下降トレンドが続いていると思ってしまいがちです。

しかし、ピンクのラインが示す通り、底がかたく上にバイアスがかかっているとも言えます。

こちらが15分足です。

15分足でも下降してきたところに、若干ですが底が前の底よりも上にあることがわかります。

そのまま下降を続けることももちろん多々ありますが、こういったケースでは「待ち」としておいたほうが懸命です。バイアスが弱いので上下どちらにも行く可能性があるからです。

結果はご覧の通り、上昇をはじめました。もう少し様子を見る必要がありますが、おそらくしばらく上昇を続けるのではないかと思います。

FXでは「んん??」と思ったら「待つ」ことが大事で、「一か八か」感は禁物だということを覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする