セブンイレブンはすでに日本に上陸してしまったAmazonより、将来来るAmazon Goに対応しておいた方がいいと思うよ

こんな記事がありました。

ネット通販の物流拠点「セブンネット久喜センター」(埼玉県)に出入りするトラックは少なかった(記者撮影)コンビニエンスストアが牽引して2017年度に最高益を達成したセブン&アイ・ホールディングス。好業績の裏

正直、セブンイレブンが「オムニセブン」とかいうネット通販事業をやっていたこと自体知らなかったんですが、まあうまくいかないでしょうね。

Amazonを目指そうとしてコケたんですが、こういうのって既視感あります。例えば、mixiがFacebookに追随しようと思って失敗した例とか。mixiにはFacebookにはない強みがあったのに、そこを伸ばさずFacebookの真似ばかりして失敗したのですが、このオムニセブンも似たような例だと思います。

そもそも、全国津々浦々に店舗があるセブンイレブンにネット通販やる意味ないと思います。ぷらっと近所のコンビニ行けばいいだけで、わざわざネットで注文しませんよね。

ネット通販はどうしても配送のタイムラグがあるので、近くの店舗で手に入らないとか安く手に入るとか、そんなメリットがないとネット通販なんて誰もしないです。

そもそも、セブンイレブンはすでに店舗が全国をカバーしているので、わざわざネット通販に手を出す必要はなかったのです。全国に店舗がある時点でネット店舗に近い能力を持っているわけだし、Amazonにない強みがセブンにはあるわけで、そこからどうしてAmazonのようなネット通販を目指してしまうのか…。

なんかmixiの時と似ているなって思いました。

広告

ていうか、無人コンビニ目指すべきじゃ?

そうじゃなくて、セブンイレブンは無人コンビニ化に投資すべきだったんですよね。

Amazon Goという無人コンビニが現れ始めていますが、まだ浸透していないし日本に来るのももうちょっと先でしょう。

そんなコンビニが来る前に、セブンが先にやってしまった方がいいと思うのです。

Amazon Goみたいに顔認識や商品を手に取ったかどうかとか、そんな小難しい人工知能はやらないにしても、もうちょっと手前のテクノロジーで無人化できると思います。

コンビニが混雑するのはだいたいサラリーマンの出退勤時なのですが、例えば朝家を出る時にスマホで注文しておいて、指定したコンビニに立ち寄って商品を受け取るとか。

クレジットカード情報を登録しておけば、商品を受け取った時点で決済みたいな。

弁当温めるとか袋詰とかどうするかみたいな細かいところは考える必要あるけど、それくらいなら今の技術でなんとかなるわけですね。

今の有人コンビニでテスト的にそれやって、うまく行きそうなら完全な無人化を目指すとか、僕だったらそんなコンビニを目指すかな。

思うに、すでに日本に上陸してしまった最新サービスを追いかけるより、将来来るかもしれない脅威に対応しておいた方がうまく行くだろうし、低コストで実現できると思います。

コンビニだけじゃなく、例えばタクシー業界とかも、Uberがまだ日本に浸透していない(というか法的にまだNG)うちに、ちゃんと整備しておいた方がいいと思うんです。似たようなことはやっているみたいだけど、ちょっと中途半端ですね。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする