何度も言うけど男が家事やると世帯年収が100万円上がるんだよね

ちょっと前にこんなツイートしたんだけど…。

広告

Twitterのタイムライン見ていても、まだまだ結婚して男が家事やるケース少ないなって思います。

僕は(勤務時間の差で妻の方が割合多いにせよ)なるべく時間が許す限り家事に手を出しますね。

具体的には、

  • 土日の子供(小学生)の対応は基本僕(妻が仕事なので) ※妻が仕事休みの時は両方で見てるけど。
  • なので土日の家事はだいたい僕
  • 皿洗いは基本僕。
  • 朝4:30起きで洗濯

など。奥さんの仕事終わりが早い分、子供の学童のお迎えや習い事の送迎とかは妻だけど、僕が帰ってきてからはなるべくやっています。

土日に奥さんが仕事休みの時があるんだけど、僕くらい家事がっつりやっていると、奥さんが休むのは平日にしてほしいなって思うくらいのレベルに達しています。

これ、自慢でも何でもなく、僕自身の考えとして妻に働いてほしいと思っているからで、妻も仕事することを希望しているので。

僕がなぜ自分が積極的に家事をやってまで妻に仕事をしてほしいかって言うと、男女平等とかそんな高尚なことを考えているのではなく、単純に世帯年収を上げたいだけ。

よく機会損失っていう人いるけど、奥さんが専業主婦で家事やっていない男って年100万円の機会損失があるんですよね。男が家事やって奥さんにパートに出てもらえば簡単に年収100万円になります。

なので世帯年収は100万円アップ。男が家事やるだけで100万円アップならコスパはけっして悪くないのです。今どき自分の年収を100万円アップなんて至難の業で、それに向かって努力するより家事やって奥さん働かしたほうが合理的なんです。それをやっていない家庭が多いのがとても不思議なんですよね…。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする