男の性的な意識の希薄化に嘆いているみんな!実はむしろ喜ぶべきだということを解説しよう!

15歳男子の精通率が急落しているんだそうです。

性的な意識が希薄化したってことなのですが、ネットとかで見てるとこの現状に嘆いている人多いですね。少子化が加速するとかで。

でも、男の性的意識の低下は性犯罪の減少につながるのでむしろ喜ぶべきだと思っているんです。

広告

性的意識レベルの分布を表すとこうなる

性的意識の低下って言っても、実際は性力の強い人も弱い人もいて幅があります。昔に比べて低下したというのは以下の図に表すように分布が弱い方にシフトしたというわけですね。

横軸が性的意識のレベルを示していて弱い方を「草食」、強い方を「肉食」と表現していますが、要は性的意識の強さです。

人間の行動や特徴はだいたい上のような正規分布になります。身長や学力を集計するとだいたい正規分布になりますね。性的意識も同じく最頻の平均値があり、そこを軸に山の裾のように分布します。

「性的意識が弱くなった」というのは、その分布が弱い方にシフトしたという意味です。

今も昔も極端に強い人も弱い人も存在しますが、それが全体的に弱い方にシフトしたことになります。

ここまでが前提です。

性犯罪者はどこにいる?

で、ここからが本題。

極端に性的意識の強い人は「性犯罪者」です。下図のピンクエリアになります。この性的意識の強すぎる人たちが性犯罪を犯してしまうわけですね。一方でグリーンエリアは「性に全く無関心」なエリアです。

※「異性に」と書いてしましましたが、よくよく考えたら「異性」か「同性」かは関係ないですね。すみません。

性的意識が低下した=弱い方に全体がシフトした、ということは、性犯罪者が減ったということになります。これは、とても良いことではないでしょうか?

少子化を食い止めるか、性犯罪者を減らすか、という究極の2択を迫られたら、僕だったら後者を選ぶますね。

だから「今の若者は性的意識が低下した」というニュースを見て、「良かった」と思ったのです。

これによって少子化が更に加速するという意見に対しては、一方で女性が肉食化してきたと言われているので、実は収支が合っていたりするんじゃないでしょうかね。 …知らんけど。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする