不正というのは末端が始めてトップが知る頃は手の施しようのない状態になっているんだよ

雪印がまたやらかしてしまいましたね。

ブコメなんか見ていると、予想の通り前回の雪印乳業の時の事件と絡めてコメントしている人多いですね。要は以前からの体質なんだと。

雪印乳業から脈々と続いていた体質かどうかはわかりませんが、不正を長年続けていた点を見ても現時点ではやはりそういう体質なんでしょう。

こういうニュースが出てくると、必ず「組織ぐるみ」という言葉が登場しますが、この「組織ぐるみ」って言葉は、まるで社長のような幹部クラスが直接不正を指示したかのようなイメージを持っている人多いと思うのですが、実のところそんなドラマみたいなことは起きません。

広告

不正を始めるのはだいたい末端から

不正の黒幕が会社幹部だった…というのはドラマか漫画の世界の話で、不正というのは末端社員である直接の担当者がやりはじめるのがだいたいのパターンです。

不正にちょっとだけ手を出して、で、次も手を出して、気づいたら不正を続けていていたみたいな。

雪印もちょっと前の神戸製鋼も、最初は末端がやってしまって、で、トップに報告が上がるのは、すでににっちもさっちも行かずに手の施しようがない時なんじゃないかなって思います。

今の時代、社長の立場だったら不正を続けることのリスクを考えたら、不正の初期の段階では関与していないと思うんです。話をはじめて聞くのはもう末端の手に負えないほど膨れ上がってしまった時だと思います。

僕がもし社長だったらかなりビビる

社長に報告が上がる頃はもう手の施しようがない状態で、不正を撤廃したら採算が一気に悪化するだろうし、世間に公表したらタカタみたいに会社ごと吹っ飛ぶかもしれないし。

僕がもし社長でそんな状況に突然陥ったらかなりビビりますね。で、真っ先に頭に浮かぶのは「隠し通せるか?」ってことです。世間に公表したら会社吹っ飛ぶかもしれないし。たぶん、徐々に長い時間をかけて不正を減らしていって数年くらいかけて軟着陸させようと考えます。

でも、そんなことやっているうちに世間に発覚してしまうんですね。で、世間から叩かれ「組織ぐるみの不正」って言われるんだろうと思います。

僕だったらそうするだろうな。

なので単純に批判する気になれない

テレビとかで企業の不正が発覚して世間から叩かれるのを見て、一緒になって批判できないんですよね。僕が社長で同じ立場にたっていたらもっと隠すことを考えちゃうし。

なので、社長も大変だなって思うくらいで、批判する気持ちは湧き出てきません。大変だなって思うだけで…。

まあ、かつてのミートホープ社のように社長主導で不正を働いていたところもあるけど、少なくとも大企業ではないと思います。書体が大きすぎてそんな細かいところまで目が届くはずないし。

よく目にする「組織ぐるみの不正」ってこんな感じじゃないかなって思います。どちらかというと従業員のケツ拭きやっている感じです。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする