【レンタルWiFIレビュー】実家にネット環境がないのでレンタルWiFiを使ってみた

ゴールデンウィークということで実家に帰省しているのですが、実家にはインターネット環境がありません。前回帰省した時はパソコンでネットができなかったので、かなりストレスたまりました。

なので、今回はWiFIルーターをレンタルしようと思って以下のサイトから申し込みをしました。※アフィ広告じゃないですよ。

【日本最大級】WiFiレンタル専門店「WiFiレンタル本舗」。WiFiルーター(国内用)を1日430円からレンタル可能!一時帰国、引越し、入院にWiFiレンタルは大活躍。最短翌日着、簡単ポスト返却、格安料金で皆様のご利用をお待ちしております。

ここでは以下の3種類があるのですが、僕は通信エリアを重視してSoftBankのやつを選びました。月間30GBと十分な量です。1週間くらい使うので7泊8日プランの3,440円を申し込みました。

ちなみに送料が1,080円かかるので総額4,520円。7泊8日という期間では若干高めですが、短期間で使えるという利点があるので、たまに使うという人にはトータルでは低コストとなります。ちなみに送料は往復料金です。

広告

ルーターが届いたのでレビュー!

日付と時間が申込時に指定できます。こちらが届いたもの。

ダンボールの中身は黒いバックと、返信用封筒、あとは説明資料や明細書など。

バックの中にルーターと電源が入っています。

最初からある程度バッテリー残量があるようなので、ルーターの電源をONで即使えます。

数秒で起動しました。

スマホからつなげてみる

接続のためのパスワードは本体裏面に書いてあります。

303ZTaで検知できました。パスワード聞いてくるので入力したら無事つながりました。

スピードテストしてみた

Googleで「スピードテスト」で検索すると、検索トップにGoogleが提供しているインターネット速度テストページのリンクが現れますので、それを使ってテストしてみました。

結果はこちら。自宅のADSLは下り8Mbpsなので倍近い速度となったものの、上りは低いですね。ADSLだと1Mbpsくらいなので10%くらいしか速度出ませんでした。

ただ、実家に帰ってからやってみると以下の通り爆速の結果に。実家は地方都市の駅からそう遠くない場所にあるのでネット環境は良いですね。逆に自宅はクソ田舎なので…。(なので、実家に帰ることを「田舎に帰る」と表現するとうちの親は怒る)

ということで、日割りすると割高なレンタルWiFiですが、年数回の短期利用の僕のような場合は、レンタルWiFiの方がトータルでコストを抑えられておすすめです。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする