【訂正とお詫び】13日の金曜日は一番多い組み合わせだった!

半年前のブログ記事なのですが、13日の金曜日という組み合わせが一番多いという元記事があって、いやいやサンプリングする期間をちょっとずらせば簡単に変わっちゃうよ、というのが僕の意見でした。

元記事はこちら

広告

ところが、最近になってTwitterで指摘されたのですが、僕の主張は間違っているのではないかと。

元記事は任意の400年分を集計して、13日の金曜日の組み合わせが一番大きいことを証明、に対して僕の主張はサンプリング期間を変えればその関係は簡単に崩れるし、平均値の検定(t検定)をしても有意差なしと判断される、ということでした。

最近になってTwitterで指摘されたのは、

  1. 現行暦が400年サイクルなので、400年の中で13日の金曜日が一番多ければ現行歴は13日の金曜日が一番多いということと等しい。
  2. カレンダーの曜日のように結果が確定してる事象に対して、t検定を適用するのは適切ではない。

という点です。

まず、2番目のt検定が適切ではないという点は確かにその通りで、これを使ってしまったのは僕のミスでした。現行歴が400年サイクルとわかっている(つまり結果がわかっている)ものではないですね。

次に1番目の任意の400年の中で一番多い組み合わせであれば、最終的にこの関係に収束されるという点。

当初、これを聞いて「違う400年を選べば別の結果になる」と勘違いしていましたが、途中であれ?と思って集計したところ、任意の400年の結果はどんな400年でも同じ結果になるという事実に思い至りました。

念のため集計してみるとこの通り。

ちょっと考えると当たり前な話で、400年期間をちょっとズラしても、元の400年からはみ出た部分は、次の元400年の頭になるので、結局同じになるのです。

ということで、13日の金曜日がもっとも多いというのは正しいと言っていいでしょう。

うーむ、思いっきり恥をかいてしまった…。

とりあえず、Twitterでご指摘してくれたお二方には感謝です。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする