ブログの書く時間がないって言ってる人はたぶん書こうとしている記事のハードルが高いだけ。思ったことをダーーーって書こう!

ブログの書く時間がないって言ってる人はたぶん書こうとしている記事のハードルが高いだけ。思ったことをダーーーって書こう!

直接質問受けたんじゃないんだけど、Twitterのタイムラインに「ブログの書く時間がない」ってコメント見かけたので、思うところを書いてみました。

「書く時間を作れ!」という答え方をしている人もいたんですが、なんとなく会社で「残業しろ」って言っているのと同じくらい気持ち悪さを感じたので、なんか違うなって思って自分なりの考えを書こうかなと。

ブログ記事へのハードルが高すぎる

この一言に尽きるんじゃないかなって思うんです。

1000文字以上書かなきゃいけないとか、このキーワードを入れなきゃとか、キャッチーな見出しを考えなきゃとか…etc。

たぶん、ブログが書けない人って書く前にいろいろ考え過ぎちゃうんだと思います。

僕も経験あるからわかります。

某サラリーマンdisり系の有名ブロガーのブログはそれこそそんなの関係なく書きまくっています。1記事数百文字くらいだし、見出しはないし、Twitterの自分のツイートをペタペタ貼るだけだったり。で、それで月数百万PVいっちゃってるんですね。

彼の自由奔放なブログ見て、あんまり考えず思うまま書いて良いんだって気づきました。(実際はSEO的なところを考えているんだろうけど、形式的なものは完全無視している様子)

かく言う僕も、(正しいかどうかは別にして)ここじゃない別運営のブログで一気にPVを上げるために一時期かなりの数の記事数を仕込んだことあるんですが、半分は500文字も行っていなかったと思います。

ネットニュースのリンクを貼って、3行くらいコメント書くみたいなひどい記事もあったりして、とにかく形式張ったことは一切無視して投稿しまくった時もありました。今はやっていないけど。

で、そんなんでもPVは上昇しちゃったりするんですね。

…というような低品質記事はあまりおすすめしないけど、ブログが書けないって人は、とにかく何も考えずに思うままに記事を書けば(で、結果的に文字数が少なくても)いいんじゃないかと、最初のうちは思って良いと思います。

…なんてことを、ダーーって今思ったこと書いているけど、この記事もまもなく900文字に到達しようとしています。

とにかく、思ったことをダーーーって書いてみましょう。(って書いたら、ここで960文字) ここまで書くのに10分もかからなかったです。

むしろ、アイキャッチ画像を描く時間の方がかかってしまった…。ブログをダーーって書くイメージで北斗百裂拳です。

とにかく、ブログ書く時間がないって悩んでいる人は、一度楽な気持ちで書い殴ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする