よく住宅ローンがdisられているけど借家の方がトータルコストは1000万円以上高いからね

よくネットなんかで住宅ローンdisりが多いです。インフルエンサーとか著名人から住宅ローンはリスクが高いと言われていて、転職やリストラに遭ったらどうするんだと。

いやいや、賃貸だったらもっとヤバイからね。

住宅ローンは返済のリスケの交渉の余地はある一方で、賃貸は家賃滞納したら出て行かざるを得ないので(借り主権利の方が上なのでやりようがあるけど但し鉄の心臓があればね)、賃貸の方が厳しいです。

広告

それと、賃貸の方がトータルコストは圧倒的に上だってことに注意しましょう。

一家4人くらいが住む平均的な間取り3LDKあるいは3DKあたりは、地方で安くても月7万円くらいかかります。

年間84万円、30歳から住み始めて80歳までの50年済み続ければ4200万円、2年に1回は更新料として家賃1ヶ月分追加で支払う必要があるので計175万円、あわせて4375万円です。

更に言うと、地方でも県庁所在地くらいだと家賃10万円くらいかかるので、5250万円ですね。

一方で、持ち家の場合、地方くらいなら4LDKでも土地込みで3500万円。ちなみに、うちは結構安く済ませていて、3LDKで3000万円です。地方ならこれくらいでも可能です。地方と言ってもそんなにド田舎でもなく坪単価20〜25万円くらいのところです。もしド田舎なら坪単価7万円というところもザラ。

ちなみにうちは注文住宅なので、建売ならもっと安く済みますし、中古住宅なら比較的新しい家でも土地込みで2000万円くらいでゲットできます。リフォームで500万円くらいは必要になるけど。

いずれにせよ、トータルコストは賃貸の方が1000万円以上多く出費となります。

ここについてあんまり話題に上がらないのが不思議なのですが、賃貸派はあえてここを語らないのでしょう。

賃貸住みでもっとも危険なのが定年を迎えて収入がなくなった時です。

持ち家に住んでいれば、その頃になれば大方ローンは終わっていて(30年ローンとかだったらまだだろうけど、20年ローン以下に抑えるべきという指摘は後述)、あとかかるのは固定資産税くらい。

賃貸は継続して家賃を支払い続けなければなりません。

3LDKだったら地方でも7〜8万円かかります。子供が巣立ったということであれば2DKくらいにランクダウンしてもいいのかもしれませんが、それでも安くても4万円は超えますね。

とにかく、賃貸派は引退後に苦しい現実が待っているのです。

うちの実家は父が6年前に他界しており母は現在実家に1人暮らしですが、ローンが終わった持ち家にいるため、遺族年金がほぼ丸々使えます。

遺族年金はだいたい10万円だそうです。もしそこから家賃を支払っていたらどんなに安くても5万くらい引かれます。生活費10万円と5万円の差はかなり大きいです。実家が持ち家でローン完済済みでホント良かったと思っています。

そもそも、持ち家dis派が必ず持ち出す「35年ローン」ですが、必ず35年ローンを組まざるを得ないような言い方をしてますね。実施はそんなことありません。今時そんな長期ローンの人はごく少数で、地方なら20年ローンが一般的じゃないかな。

僕は当初は20年ローンで組んだものの、繰り上げ返済を繰り返して10年まで縮めました。今は完済済です。

もともと、平均より床面積は小さくて30坪くらい。地方の平均は35坪くらいなのでかなり小さい家です。だからローンを縮められたのですが、家の広さより財務体質を優先しました。それが分相応ってものだと思います。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする