僕が保守を嫌いな理由は個人より集団を優先するところだね

政治系の話ってあんまりブログに書くもんじゃないんだけど、ここ最近、保守系もリベラル系も両端に寄り気味でTwitter見ていても怖いなって思っていて、もう、全然歩み寄ろうともしないなって。

政治家がそんな状態ならまだ良いのですが、国民同士がそんなんなっちゃうのってなんだかなぁ…と思うわけです。そんなに熱くならなくても、せめて国民の間ではもう少し歩み寄っていいんじゃないかなって思います。ホント、中央寄りの人がだいぶ減った感じはします。

僕はTwitterでもこのブログでも何度も書いているけど、基本的には昔からリベラル派です。

リベラルの本来の意味は「革新」ってことなんだけど、今のリベラルを見てると到底「革新」とは程遠いですね。でもそれで良いんです。

リベラルが一貫しているのは「個人」を軸に置いているということ。国や組織のような「集団」の利益より個人の利益を優先しているのがリベラルの正しい立場です。

かつては王政から国民主権に移行したことが始まりで、労働者階級を開放したという意味での当時としては「革新」だったわけで、その名残りでリベラルを「革新」と呼ばれるのですが、本質は労働者のような個人を重んじるという点で、そこは今も一貫しています。

…という難しい話は置いておいて(これ以上難しい話をすると上辺だけ理解している僕の知識にボロが出そうなので)、表題に書いた通り僕が保守を嫌う理由を書いておきます。

広告

まずその前に日本のリベラル層の欠点

日本のリベラル層はよく保守層にバカにされます。

とにかく、かわいそうな人を見るとすぐに「補助金」って言うので、すべてに対応していたらお金があっという間になくなります。これはたしかに日本のリベラル層の欠点です。

て言うか、リベラルの政治家くらいは税収のトータル額を考慮して配分できないところはあきらめて欲しいのですが、その点を何も考えいない(ように見える)ので、ここは批判されても仕方ないです。僕もこういうところはアホだと思っています。

僕も日本のリベラル層は「金くれ」の一点張りでちょっと食傷気味です。もう少し考えてほしいとは思っています。

でも保守層も目くそ鼻くそだよね

極端さで言えば保守層も似たようなもんで、日本国マンセー感が強すぎるなと思います。

特にTwitterのタイムラインに流れてくる保守系の人たちのツイート見てると、「国のために」って言葉が目立ちます。「国のために戦おう」って。いや、特攻隊かよ。

戦争が来たら国のために戦うのが愛国心だっていうヤツいるけど、僕は速攻逃げますね。家族連れて。

戦争は極端な例だったけど、国や会社や団体などの組織の利益を重要視しているわけですね。

なので、GDPとか出生率とか全体の平均値を国のスコアとしてすごく気にしています。彼らから出てくる意見は、とにかく子供産めとか移民入れろとか国富論的な意見が目立るのもそのためかと。

そういう人たちなので、企業の競争力が高まるであろう派遣労働法に賛成するし、最近だと高度プロフェッショナル制度にもあまり反対していません。保守陣営と経団連のような会社組織で形成されている団体とは相性がいいのもそのせいですね。

結局のところ、税収を考えないで補助金くれって言っているリベラル層もアホかもしれませんが、国や組織のために個人を蔑ろにするのが保守層もたいがいアホです。僕からすればどっちもどっちです。

天秤にかけてどっちが嫌かといえばやっぱり保守の考え方

どっちもアホと書いたのは、今の日本は保守、リベラルともに極端化しているので、リベラルとはいえ中央寄りの僕にはどっちも合いません。

ただ、天秤にかけてどっちが嫌かと言えばやっぱり保守層の方が嫌です。

少子化1つとってもそうなのですが、このまま子供少ないと日本潰れるって騒いでいるけど、出産なんて本来ごく私的なもので、欲しい人は産めばいいし、欲しくない人は産まなくていいんです。そんなところに言及してくるのは僕的には嫌悪感しかありません。

↓こんなヤツもいるしね。

自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内で講演し、少子化問題を巡り「この頃、子どもを産まない方が幸せ...

ブラック企業が多いのも「組織のために」という考えがあまりにも大きすぎるからだと思います。会社の利益のために残業するっておかしいですね。僕もかつては残業多かったけどアホだったなと。

今はさっさと定時退勤(30分〜1時間くらいは残業することあるけど)しています。どんなにトラブルが起きた日でも帰ります。もちろん僕が残業すればその案件はその分進みますがそれでも帰ります。

個人の利益を毀損してまで国や会社が発展することが本来おかしいと思っているからです。

保守の考えの根底には戦時中に唱えられた「一億火の玉」の考え方とほとんど変わらなくて、ルーツがそこにあるとしか思えないんですよねぇ。

保守層は中国が大嫌いだけど、突き詰めれば全体主義になるので本来相性が良いのですが。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする