【就活生必見】最近、採用面接をやる機会があったけど顔の表情すげー大事だってことに気づいた

最近、会社で派遣社員の採用面接に携わる機会があったのですが(要は面接官の1人)、いろいろ思うところがあったので書き留めておきます。

今は人で不足ということもあって、派遣社員はよほどのことがない限り採用されます。まずは採用して合わなかったら契約更新しないというのが今の企業のスタイルです。正社員と違って退職が簡単なので採用の間口は自然と広くなります。

しかし、それでも人によっては採用されない場合がありますが、実のところだいたい似たような傾向があります。そんなケースを面接する側として少し書いておこうかと思いました。

ものの数回の面接経験だけでこんな上目線で書くのはどうかと思いますが、「あーなるほどー」と思うところがありました。

「人は見た目が9割」とか言われていますが、これほんとの話で、採用面接の時なんかこれだけで印象がガラリと変わります。イケメンとか美女とかという意味じゃないです。

これは正社員採用面接でも同じことが言えるので参考にしていただけたらと思います。面談だけじゃなくコミュニケーションをとる上でも重要なんじゃないかな。採用面接の機会を得て今更ながら勉強になりました。

就活生で面接を何度も落ちている人はこういう視点で改善してみたらどうかと思います。

広告

顔の表情は超大事

何人か面談して思ったのは、顔の表情があんまり変わらない人が多いなと思いました。緊張しているんでしょうけど、受け取る方の印象は顔の表情の変化があった方が安心するんですよね。

思ったことは言葉にしないと伝わらないって言われる時あるけど、顔の表情から読み取れることも多いなって思いました。

嬉しい時は笑い顔になったり、不安なときはそんな表情になったほうが、言葉プラスアルファで相手方に伝わります。

でも顔の表情がなくずっと無表情で固定だとすごく不安になるんですね。たぶん普通の会話でも同じだと思うので想像しやすいと思いますが、面接でも同じことが言えるなと思いました。

なので、面接ではある程度顔の表情に変化をもたせた方が有利だと思います。

無理に笑う必要はなく、目の大きさを変えるだけでかなり相手方の印象がだいぶ変わります。

顔固定で目だけ動かすのはかなりヤバイぞ!

よく、相手の目を見て話せって言われますが、これだけでは片手落ちで、顔の向きも相手に向けるってことも大事だなって思った事例がありました。

面談で、顔の向きは全く変えず目だけ相手方に向けるケースがあって、面接官は僕も含め複数人いるわけですが、質問をした人に向けて目だけが動くんです。(顔は正面向いたまま)

これ、すごく印象が悪くて、人事担当はメンタルヘルスを疑いました。

今日び、メンタルヘルスに疑いのある人はまず採用されません。企業の人事部はここをもっとも注視しているとみていいでしょう。これは本人のスキルや学歴を超越していて、どんなにピカピカな学歴や資格を持っていても、メンタルヘルスを疑われたら最後、まず採用してくれません。

「顔の向きが固定で目だけ動かす」という行為は、本人の単なるクセだと思うのですが、面接の経験値が低い僕が見てもすごく挙動不審に見えたし、見ていてすごく不安を抱きました。

単なるクセならば言いがかりも甚だしいのですが、面接する側も短時間で見極めなきゃいけないので、疑いを持たれるとかなり厳しいでしょう。

服のセンスはどうでもいいけど「だらしなく見える」のはNGだ!

メンタルヘルスほどではないですが、「だらしなく見える」という点もそこそこウィークポイントになります。同じ学歴、スキルならば「清潔感のある人」の方が採用されやすいと思います。

シャツがしわくちゃだったりなんだか黄ばんでいたりそういうのは印象がいいとは言えないですね。

服のセンスはどうでもよくて、むしろあまりセンスにこだわりすぎると痛々しく見えるので(採用の判断にはならないだろうけど)標準的な小ざっぱりした服装のほうが良い印象を受けます。

ここまで来るとなんだか中学の校則みたいだけど、校則も近隣住民からどう見られるか?ってところに意識してできたんだろうなと思います。

痩せていたほうが好印象だった

別に痩せようが太っていようがどっちでもいいのですが、「清潔感」という点では痩せている方がどうしても印象良くなります。

もっともモデル体型みたいになれというわけじゃなく、もっと幅はありますが、お腹の肉が明らかにベルトの上に乗っているような体型の人を見ると「う〜ん…」と思いましたねぇ。

いわゆるぽっちゃりくらいじゃ印象を悪くすることは全くなく、あきらかに「不健康そうなデブ」の場合は少し改善すべきなんじゃないかなって思います。

もちろん、同じデブでも清潔感のあるデブもいれば、いかにもだらしないデブもいるので一概には言えません。ただ、確率的に言えば「デブのほうがだらしなく見える人の割合は標準体型のそれよりも多い」とは思います。

まあ、体重を減らすのは一朝一夕ではどうしようもないので、日々研鑽していくしかないですね。

かなり揚げ足取りだったけど

重箱の隅をつつくにも程があるような内容だったけど、ただ、採用面接ってやってみるとわかりますが、本当に短時間で採用可否を判断しなきゃいけないので、最初の印象ってすごく大事だなって思いました。面接官も人間なんでね…。

それに体型はともかく、清潔感のある服装は今すぐにでも改善できるわけだし、顔の表情も訓練で改善できなくもありません。体型は1年くらいかけて日々努力しましょう。

相手に自分の能力とは別のところで変な判断をされないよう「予防」することも大事だと思います。

逆に第一印象がよければ、能力以外のところで下駄を履かせてくれるとも言えるわけで、面接対策としては必要だと思います。

冒頭にも書いたけど、就活生で面接を何度も何度も落ちている人っていると思います。能力的には特に悪いわけじゃないのに落ちてしまう人は、一度こんな視点で改善してみたらどうかなと思いますした。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする