長期投資は不況か円高の時に始めたほうがいいよ

僕は投資としてロボアドバイザーとソーシャルレンディングの2つをやっているんですが、やってみてわかるのは投資のタイミングって大事なだってこと。

投資は基本的に安く買って高く売るのが基本なので当たり前の話なのですが。

ちなみに、今、僕はウェルスナビのロボアドバイザーに30万円預けています。半年以上経ってこんな感じです。

広告

半年で利回り2%というのが高いかどうかは意見の別れるところですが、2017年のウェルスナビでの成績は10%を超えていたそうなので、去年に比べれば落ちています。

まあ、利回り10%なんてそうそうないですけどね。2〜5%あれば御の字です。

不況時に投資するのは基本なのですが、いざお金を投入しようとしたときに口座も持っていないと動けないので、まずはどんな時期でもいいので少額でもやっておくことはおすすめします。

僕の次の投資時期は円高時

僕は積立ではなく30万円を預けているだけなんですが、次に預けるのは円高になってからかなって思っています。

ロボアドバイザーにしろ確定拠出年金にしろ投資信託にしろ、海外の株や債券が多くを占めていると思います。

僕のポートフォリオはこんな感じです。ほとんど海外商品です。

なので、株価が下がらなくても円高になれば円ベースで価値が下がってしまいます。

出金はあくまで円なので円ベースでの価値を高めるには円高時(外国通貨の価値が低い時)にお金を投入する方が有利になんですね。

為替は下手したら1年で10%も変わる時有りますからね。それだけで利回りの方に10%影響するのはかなり大きいです。

こういう時期を狙うのが嫌いな方は積立投資をおすすめします。為替のある程度影響を抑えてくれますからね。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする