SBIソーシャルレンディングの高利回り案件が何度もロールオーバーしたので解約した

SBIソーシャルレンディングの案件って年率がだいたい3〜4%と手堅めなのですが、たまに7〜10%くらいの高利回り案件が登場します。

僕も2ヶ月くらい前に年率10%の案件を見つけて応募しました。

SBIソーシャルレンディングの利回り10%のファンドに申し込んだ!
ここのところソーシャルレンディングのmineoの投稿が多かったのですが、久々にSBIソーシャルレンディングを覗いたら、なんと利回り10%のフ...

広告

ロールオーバーという落とし穴

ところが高利回り案件にはロールオーバーという落とし穴があったんです。

ロールオーバーとは、出資の募集期間の終了後に、投資家の出資金に余剰資金が生じることが確認できた場合に、その時点で募集を行う予定の同種のファンドについて匿名組合契約が新たに締結されたものとして、その余剰資金が当該ファンドへの出資に充てられることをさします。

次の同種の案件に充てられることは個人的には問題と思っていないのですが、問題はそれまでお金をホールドされてしまうことなんです。

お金が他の投資に回せない状態になるんですね。

最初にこんな画面でリスクの説明を受けているのですが、当時はあまり深く考えていなかったですね。

ロールオーバーは解約できる

資金がホールドされるのは機会損失なのでこれが一番痛手です。

僕も6月初旬から入金していた5万円が8月になっても動いていません。この間3回のロールオーバーが言い渡されました。

で、今回8/1にロールオーバーになる旨の連絡がありました。

さすがにこれは、と思ったところどうやら決められた期間内であれば解約できたようですね。

さっそく解約申請したところで、銀行口座位にお金が戻ってきます。戻ってきたら他の案件をトライしてみようかと思います。

やはり3〜4%の手堅い案件をこなしていった方がいいみたいです。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする