格安SIMはクソ遅い!インフルエンサーの情弱煽りを鵜呑みにする方が情弱だよ

格安SIMはクソ遅い!インフルエンサーの情弱煽りを鵜呑みにする方が情弱だよ

SNSなんかでインフルエンサーがよく煽っているのですが、docomoやauのようなキャリアスマホを持っているとなぜ格安SIMを使わないのかと情弱扱いされます。

たしかに格安SIMと言われるだけあって月額はキャリア系より断然安いです。

でも、インフルエンサーがそんなに煽っているのはほぼブログの中でアフィリエイト広告とつなげていることが多いので、ちょっと引いた目で見たほうがいいですね。

誰だって「情弱」なんて言われたくないので、右習えで格安SIMに飛びつきそうですが、必ずしもお得というわけにはいきません。

僕は、スマホはY!Mobileで、データ通信用に別の格安SIMを持っています。その経験から格安SIMのデメリットを書いておこうと思います。

格安SIMの会社名は伏せておきます。このブログの過去記事を読めばどこの会社がわかりますが…。

その前にY!Mobileは格安スマホか?という疑問

一般的にY!Mobileは格安スマホの括りにされますが、個人的に疑問に思っています。

Y!Mobileの価格帯としてだいたい月6000円くらい。キャリアスマホよりは安いですが、いわゆる格安SIMの価格からは高めです。

格安スマホなら2000〜3000円くらいで済みます。Y!Mobileを格安スマホとして括るのはちょっと無理があるかなと思います。

この価格帯はY!Mobileの他にUQモバイルも似たような感じです。

個人的にはY!MobileとUQモバイルは、「中堅」と表現した方が良いでしょう。

で、キャリアスマホ、中堅スマホ、格安スマホの間には価格の他に「通信速度」が大きく変わってきます。

イメージとしてはこんな感じです。

Y!Mobileと格安SIMの通信速度を比較してみる

速度テストをした場所は、家の近くの比較的電波が届きやすいところを選びました。

まずはY!Mobile。

以下の通り、下りが10.4Mbps、上りは2.78Mbps。「速度は標準」とあるように、まあまあな速度です。

次に格安SIMです。

ご覧の通り下りが1.25Mbpsしかありません。上りはなぜか速いのですが…。

ブログ書くくらいなら特に問題はありませんが、もし動画やゲームをやるのであれば、この速度はちょっと厳しいですね。

スマホとしてそれなりに利用するのであれば個人的にあまりお薦めできない速度です。

最低でも中堅(Y!MobileかUQモバイル)かな。

キャリア系は高いなりに速度的にも申し分ないし(店舗があるという意味で)サービスも整っているので、これを選んでも情弱って言われる筋合いはないと思います。

むしろインフルエンサーたちの煽りに乗ってしまうほうが情弱だなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする