何度も言うけど少子化問題は僕ら団塊ジュニアが70歳まで働けば解決できる

またもやこんな記事発見。

少子高齢化という未曽有の危機が長いこと叫ばれ続けているものの、未だ解決策を得られない日本社会。様々な研究データの中には、「就職氷河期世代」いわゆる団塊ジュニアが2040年以降に一番割を食うのでは?という分

このブログで何回か書いていますが、少子化による負担増問題に関しては、僕ら団塊ジュニアが70歳まで働けば概ね解決できます。

この少子化問題(将来の負担増問題)の大前提に、定年を今と同じ60歳と設定していて年金を今と同じレベルでもらった場合です。

昔の60歳と今の60歳とを比べると今のほうが全然元気で働けますね。病気になったら仕方ないけど元気な60代の方が多いです。

定年を60歳と定めた頃に比べて確実に体力も能力も高いはずです。

広告

ここでも書いたけど、今の現役世代1人が負担する老人+子供の人口は1.04人ですが、30年後は1.44人と増えてしまいます。

ところが、70歳まで働くとなると0.91人と余裕で支えられるようになるんですね。

少子化だからって日本滅ばないよ。移民以外に現役人数を増やす方法はあるんだよ。
このブログでもちょいちょい書いていますが、少子化だからって社会的に出産を強要するような雰囲気に嫌悪感があります。出産はあくまで私的なことで世...

年齢別人口分布は以下の通り。70歳まで働けば良いのです。(人口分布の予測根拠はここに書いています。)

僕らが70歳を過ぎたら今度は急激に死亡率が上昇して人口減になっていくので、そのまま現役世代で支えられるでしょう。

もっとも、70歳まで働くには若いうちから健康に気を使っておく必要はあると思います。

癌なんかは未解明な部分が多く防ぎようがない部分も多々あると思いますが、成人疾病の中でも多い糖尿病は若い内に気をつけていれば防げる病気ですね。

遺伝的に仕方ない人もいますが、だいたいは(遺伝的に高くなりやすいとはいえ)防げます。僕も一時期HbA1cが6.0手前になりましたが、今は5.7まで落としました。

このあたりの記事を参照ください。

あのとき長谷川豊が言いたかったことを僕の血糖値を使って説明しよう
僕は別に長谷川豊の信者なんかじゃありません。(そもそも長谷川氏の信者なんているのか??) ただ、当時、糖尿病患者に関するブログへのネッ...
3ヶ月で6kg減量して1年間それを維持した結果HbA1cが改善できたのでやったことまとめる
昨日こんな記事書きました。 去年の6月に人間ドックでヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値が5.9と高くて、このままだ...

僕も遺伝的に糖尿病リスクがある方だとは思いますが、HbA1cが6くらいの頃に努力すれば糖尿病は防げます。みんなそんな時に改善せず7→8と数値を上げていってしまっただけですよね。

サラリーマンは40代からみんな人間ドックをやるので、この数値は若いうちから把握できているので、あとは改善するかどうかの違いです。

僕はいまのうちに健康に気を使って70歳まで働き通します。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする