イクメンが注意すべきはあんまり家事をやると逆に妻が追い詰められるってこと

タイトルから「男が家事をやりたくない言い訳」みたいに読み取れてしまいそうですが、主旨はそうではありません。

僕自身は家事50:50で奥さんも仕事してもらいたいという考えで、うちの奥さんも働くのが好きだってことで意見が一致してそのようにしています。

平日は奥さんの帰宅が早い分、学童保育へのお迎え、習い事の送迎、夕飯の支度まではやってもらっていますが、その後の皿洗いやお風呂の用意、子供の宿題の面倒、洗濯(うちは夜に選択する)は僕がやるようにして分担しています。

ちなみに土日は奥さんが仕事なので家事は僕がフルサポート。

別にこれが不満というわけじゃなく、普通にやっています。

前にも書いたけど僕が家事をやることで結果的に世帯収入が上がるという点を重視しています。家事なんて別にに辛くないし。(むしろ向いていると思う)

何度も言うけど男が家事やると世帯年収が100万円上がるんだよね
ちょっと前にこんなツイートしたんだけど...。 さっきNHK見てたら、「乗せる」というキーワードで企画やっていて、アナウンサーが「妻を...

ここまでが今回の話の前提です。

その上でこのブログ記事のタイトルの話になるのですが、それはどういうことかというと、

世の中、女が家事をやる前提というのが認知されているので、僕らのような家庭は奇異に見える

のです。

広告

僕は世間から過剰に褒められる一方で、奥さんの方は別の目で見られちゃうんですよね…。

良くて「お宅は旦那さんが家事やってくれるからいいわね」って言われてしまうのです。

これが奥さんとしてはどうも堪えるらしく、正直つらいみたいですね。

たしかに僕ら40代後半の世代だとここまで家事折半の家庭は珍しいかもしれません。同僚からも珍しがられるし。(ただ男の僕は褒められる方なので悪い気はしない)

進化論で言えば「突然変異」みたいなもんで、限定的な進化はその他大勢の進化前からいろいろ言われてしまうわけですね。

社会はより良い方向に進みたいけど、突然変異的に変化するのは周囲がついていけないんだろうなと思いました。

キリンの首が長いのは、突然変異ではなくてクビの短いキリンが淘汰されつつ世代交代しながら首長キリンが生き残ったように、男女平等も世代交代しながら進んでいくのかなって思いました。

ということで、フェミ勢には申し訳ないけど、あなた達が生きているうちは男女平等は実現しないかも。今の子どもたちが大人になって更にその子どもたちくらいの世代が実現するかもね。

その頃には僕らはこの世にいないけど、そうやって社会も世代交代しながら進化していくのだと、そんな風に感じた次第です。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする