Amazonプライムビデオ「検証捜査」で栗山千明の気迫にビビった!

Amazonプライムで久々におもしろいドラマを見たので紹介。

原作はこちらです。こっちはまだ読んでいません。

広告

映画パッケージはあんまりおもしろそうに見えなかったのですが、レビューの評価が結構高かったので観てみました。

元々はテレビ東京の2時間サスペンスドラマらしいですね。

主演は中村トオル、栗山千明、脇を固めているのが市村正親、角野卓造のベテラン陣。

あらすじ(ネタバレ注意)

性犯罪事件で容疑者が無罪判決となったことで検証捜査チームが組まれたことが物語のスタートです。

そのチームに配属されたのは過去種々の問題を抱えた警官たちで、その中に中村トオルと栗山千明がいます。

中村トオルは以前の性犯罪事件の取り調べの過程で暴力を振るってしまい左遷。

栗山千明は警察の中で性犯罪を専門に扱っているものの、過去に性犯罪の被害の経験があるという人物。その他、精神的な弱さから胃潰瘍を患っている管理官とかワケ有り警官が集まって、この懸賞捜査にあたるというのが物語のスタートです。

で、検証捜査を進めていくうちに過去の類似の未解決事件の真相や真犯人にたどりついていくところがいかにもサスペンスドラマらしい構成なのですが、中盤から真相に徐々に迫っていって目が離せません。

見どころは栗山千明のラストシーン

僕は栗山千明が出演するドラマは実は初めてなのですが、正直今まではアイドルかモデル上がりの大根役者程度の認識でした。

今回始めてみて、いやはやこんな迫真の演技をする人だったんですねぇ。

キルビル観ておけばよかった(笑)。

クライマックスで真犯人と対峙するときに銃を抜いて相手の眉間に突きつけるのですが、トリガーを引くか引かないかで、銃口を向けた犯人の前で中村トオルと押し問答があります。

ここがこのドラマのクライマックスで、栗山千明が銃を撃つことで過去の自分の心の傷に決着をつける一方で警官人生も終わらせるのか、撃たずに今後も性犯罪者を追い続けるのか。

このときの栗山千明の鬼気迫る演技にビビりました。

ということで、Amazonプライムビデオの「検証捜査」はかなりおすすめです。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする