仮想通貨ネタが最近下火になってきたけどみんな息しているんだろうか?(だから言わんこっちゃない)

最近、Twitterのタイムラインに仮想通貨に関する話題がめっきり下火になりました。

去年の年末〜今年1月くらいがピークだったでしょうか。あの時は明らかにおかしな値動きだったので仮想通貨自体に興味のあった僕でも手を出すことはできませんでした。

当時のチャートはこんな感じでしたからね。これを見て「危ない」と一切思わず買いまししていっている人が多いことに驚きました。

広告

当時はインフルエンサーたちが仮想通貨参入を煽っていてそれを信じて参入した人が多かったです。

去年の9月くらいあたりから「危ねーなー」と思ってこんな記事を書いています。

インフルエンサーにつられてVALUとか仮想通貨とか手を出す人あたま大丈夫?
以前書いたけど、インフルエンサーに追随するってことはある確率で人柱になる危険性があります。 ちょっと前はVALUだったけど、最...

予測しておきますが、仮想通貨で大損になって人生詰む人出てきますよ。それはもうVALUの損害額なんか比じゃないです。

(中略)

おそらく仮想通貨でその時期は確実に来ます。で、そこでうまく売り抜ける人と、逃す人、買い増しちゃう人と、いろいろ出てくるんですね。かならず大損こいて人生詰む人います。

で、まさにフィーバーだった今年の1月初旬にこの記事。思えばここがピークでした。

仮想通貨フィーバーに思うバブルは崩壊して初めて気づくってこと
みんな仮想通貨に入れ込んでいるけど、月並みで申し訳ないが「自己責任」でやってね。大損した時に誰かのせいにだけはしないように。それだけは先...

で、10日くらいして真っ逆さまに落ちましたね。Twitterのタイムラインが阿鼻叫喚でした。

仮想通貨フィーバーに思うバブルは崩壊して初めて気づくってこと
みんな仮想通貨に入れ込んでいるけど、月並みで申し訳ないが「自己責任」でやってね。大損した時に誰かのせいにだけはしないように。それだけは先...

あの時みんな参入しないやつは情弱だって散々言っていたけど、果たして情弱はどっちだったのかと…。

有名な某仮想通貨ブロガーは、仮想通貨にはまだ参加者が少ないからもっと上昇するって言っていたけど、参加者が少ないと逆に危ないんです。1人あたりの影響力が大きいのでちょっとしたイベントで一気に値動きするので。

なぜこんな記事を今さら書いたかっていうと、つい最近、有名某仮想通貨ブロガーがついに仮想通貨の看板をすべて下ろしたのを知って、ちょっと書いてみようと思った次第です。

そのブロガーは相変わらず元気ですが、彼に追随した人たちが今どうしているんでしょう。息しているんだろうか??

この人、当時多くの人が心配したけど、今もまだTwitterやっているので大丈夫そうです。でも多額のお金を失ってしまったので大変ですね。

かつてのFXフィーバーとホントよく似ていました。それ以上の過熱ぶりだったかな。

僕の同僚はかつてFXでユーロフィーバーののち数百万円後半を一瞬で溶かしました。家の購入資金がなくなりました。しばらく会っていないけど今どうしているんだろう?

スイスフランショックの時はみんながみんな売り一色だったのでロスカットが成立せず、大きなマイナスを食らった人が多数いました。

1つの金融商品に過熱することはしばしばあります。また何かでフィーバーする日が来ると思います。そんなときに絶対にそのフィーバーに乗っからず引いた目で見ておいた方が良いでしょう。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする