アフィリエイトがっつりやると不労所得感が薄れるみたい。AdSenseのみで月3万円くらいが丁度いいかもね

ブログでアフィリエイト収入がウン十万円くらい得ている人をTwitterでフォローしているんですが、最近ブログ疲れのような発言があってちょっと気になっていました。

たしかブログ始めて1年くらいだと思いましたが、月収で40万円という強者です。

かなりがんばってアフィリエイト収入を上げてきたはツイートからよく知っていたのですが、ここ最近の彼の発言から明らかにアフリエイト疲れが見て取れます。

また、有名ブロガーの沖ケイタ氏も昨日こんな風に「ブログは不労所得じゃない」とツイートをしています。

広告

アフィリエイトをがんばっている人って、よく「お宝キーワード」とか「SEO」とか言っていますた、ここに注ぐ努力は相当なもんだろうなっていつも思っていました。

なので、こんなツイートを見て、ああ、そうなんだろうな、って改めて思ったのです。

アフィリエイトブログなんて不労所得と言うにはかなりのリソースをぶっ込んでいるんだろうなと。

そういや、どこかのアフィリエイターで、ブラック企業をやめてアフィリエイターになったのにブラック企業並みにアフィリエイトやっているってツイート

かく言う僕はどうかと言うと…

僕は、この雑記ブログとプログラミング系ブログの2つを運営していて、トータル3万円くらいの収益があります。最近はプログラミング系のPVが落ちたので2.5万円くらいかな。

広告はほぼAdSense1本で、たまにAmazonアソシエイト広告を載せているくらいです。

アフィリエイターのような儲かりそうな広告主を探したり、記事内でその広告に誘導するみたいな努力は皆無です。

そんな緩い運営なので3万円弱の広告収入はがんばって得たお金という感覚はありません。

文字通り不労所得という感覚です。

サラリーマンと兼業するブログはこれくらい緩い運営がちょうどいいんじゃないかなって思いますね。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする